スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2006.02/11(Sat)

もしも… ~バレンタイン・デー~

20060211173257.jpg


ガトー・ショコラ、焼きました。(・∀・)
もちろん、ブログにアップするため主人のためです(笑)。

ところで、この「バレンタイン・デー」というやつ、チョコレートを女性から男性に渡して愛の告白をするわけだが、これが日本独自の習慣だというのは結構有名な話である。
なんでも、1958年に東京都内のデパートで開かれたバレンタイン・セールで、チョコレート業者が行ったキャンペーンが始まりだとか。
欧米では、恋人や友達、家族などがお互いにカードや花束、お菓子などを贈るそうだ。
カードに関しては、アメリカだと、クリスマス・カードの次に多く交換されているらしい。

で、日本の場合なんだけれど、どうして女性から男性へチョコを…ってことになったのだろう?
1958年当時だと、まだ奥ゆかしい女性が多くて、男性へ告白なんてとてもできる状況ではなかったから、チャンスを与えてあげるため?

私は違うと思う。
チョコレート業者が綿密に考えた「仕掛け」だと思うのだ。

だって、もし男性から女性へチョコを贈って告白する習慣であったら、まず「義理チョコ」っていうのは発生しないと思う。
また、よくある「女の子から女の子へなんとなくチョコ」っていうのも、男性だったら気持ち悪くてしないだろう(笑)。
あと、「手作りチョコ」っていうのもあり得ない。(;・∀・)
しかし、なんといっても、そのうち女性が

「チョコ以外の物を要求する」

のではないだろうか?

だって、ホワイト・デー(これもうさんくさい行事だが)だって、昔は「マシュマロをお返しに…」っていう話だったのに、いつの間にか、義理の場合は「キャンディー」、本命の場合は「倍返し(?!)で女性の好きな物」になっているではないか。

ということで、私達日本人は、業者にうまくのせられて、手作りチョコを作ったり、倍返しで高い物を買わされたりしているのである。

ところで、同じ2月14日が「ネクタイの日」って知ってました?
どうして国民的行事になってしまったバレンタイン・デーと同じ日にしたのか、あまりにも影が薄すぎます。(ノД`)

テーマ : ひとりごと - ジャンル : 日記

18:00  |  所感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Tracback

この記事のトラックバックURL

→http://nakayokonaname.blog44.fc2.com/tb.php/40-a5db0ed5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。