スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011.04/14(Thu)

反抗期の子どもには「釣り」の気持ちで

今日、小五の娘の保護者会で担任の先生から聞いた話。
その先生は釣りが大好きなので、
これから反抗期を迎える子供たちに親がどのように臨んだらよいのか、
この「釣り」で例えてくれた。

「魚が右へ行きたがっている時に左へぐいぐい引っ張ると、
魚はよけい右へ行ってしまうんですよ。
そういう時は一緒に右へ竿を動かしてあげる。
そうすると自然に魚は左へ行ってくれるものです。
えさに食いついた魚がなかなか釣れない時も、
無理に上へ引き上げようとしないこと。
そうすると魚はどんどん下へ行こうとしてしまう。
ふっと竿にかかった力を抜いてあげるんです。
そうしたら魚も素直に釣れてくれます(笑)。
子どもも同じ。
親があからさまに怒ったり
子どもに対して否定的なことを言ったりすれば、
それがたとえ正しいことであっても
子どもはよけい反抗するものです。
とりあえず子どもの話を聞き、いったんは子どもを認めてあげる。
そして“お母さんはこう思うけどね”と親の意見を伝えた後は、
ただ見守る。
そうすれば子どもも時間と共に親の方へ向いてくれるんですよ。」

釣りをしたことがないので分からないけれど、反抗期な子どもとの向き合い方はよく分かった。
ついでに“夫婦喧嘩のやり方”もね(笑)。

テーマ : 思ったこと・感じたこと - ジャンル : 日記

20:35  |  子供  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Tracback

この記事のトラックバックURL

→http://nakayokonaname.blog44.fc2.com/tb.php/395-6dce363e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。