スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.09/30(Thu)

「サンタさん」はもういない…

それは突然だった。
お風呂の中で娘が夫に言ったのだ。
とても仲の良い友達と徹底的に議論した末、
“本当はサンタさんはいなくて、プレゼントはお父さんとお母さんが置いている”
という結論になったということを。

10歳までサンタさんの存在を信じていたのは、
奇跡(?)だったかもしれない。
娘が起きないよう、細心の注意を払いながらプレゼントを置いたあの日。
欲しい物が急に変わってしまい、焦りながらプレゼントを探したあの日。
こんなに大変な思いをするくらいなら、
早いことバレちゃった方が楽かな?なんて思っていたけれど。

サンタさんがお父さんとお母さんだったって分かってしまって、
こんなに寂しい思いをするとは思わなかった…

夫は娘にこう言ったそうだ。
「サンタさんはいないんだって思った瞬間に、サンタさんは見えなくなるんだよ」
その言葉は、赤ちゃんの時から続いた娘の子供時代の一つの幕切れであり、
新しいステージへの始まりでもあるのだろう。

娘もうすぐ10歳の秋の日のことだった。

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

16:59  |  子供  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Tracback

この記事のトラックバックURL

→http://nakayokonaname.blog44.fc2.com/tb.php/387-13a829cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。