スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.03/29(Mon)

「もう少し」と「がんばろう」

うちの小学生の娘が
終業式に通知表を持って帰ってきた。
こちらの小学校では、通知表の評価は
「できる」「だいたいできる」「もう少し」の三段階だ。
どこの小学校もこんな感じだと思っていた。
が、ネットで見ていると
「もう少し」が「がんばろう」の表現になっているところもあるようだ。
 
「もう少し」と「がんばろう」
おそらく先生の評価基準は、どちらも同じなのだろう。
でも、もし一生懸命頑張ったけれどあまりうまくできなかった子供へ
大人が「がんばろう」と評価したら…
子供の“がんばり”は、どこへいってしまうんだろう?
 
いつかは必ず「頑張っている」だけでは
通用しない時が来るのだろう。
が、せめて小学生の時くらいは
“頑張っている子供”の努力を無視して
「がんばろう」と烙印を押すよりも
“頑張っているのは分かっているよ。あともう少し!”の
「もう少し」で応援してあげたい気がする。
 
これ、きっと大人でも同じだよね。
頑張っている人に「頑張れ!」って励まして
余計プレッシャーを与えるんじゃなくて
「ずいぶん頑張ってるよね。あともう少し!」
って言えるような人に私はなりたいな。

テーマ : 思ったこと・感じたこと - ジャンル : 日記

15:59  |  所感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Tracback

この記事のトラックバックURL

→http://nakayokonaname.blog44.fc2.com/tb.php/381-9b7d2e37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。