スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.10/14(Wed)

おめでとう、ありがとう

私が娘を産んだのは
夜の11時すぎ、日付が変わる直前だった。
病室の窓から入ってくる金木犀の香りが
むせかえるほどだったのを覚えている。
私の母親が私を産んだのは、明け方だったそうだ。
生まれたとき、へその緒が首に巻き付いていて
窒息状態だったらしい。
 
今までも「生きてて良かった!」って思ったことは
何度かあるけれど
最近よく感じるのは、夫と娘と三人でいる時。
この前行った日帰り温泉の休憩室で
夫は熟睡、娘はぬりえをしていた。
私は寝ころびながら二人の顔を見つつ
何とも言えない幸せを感じていた。
 
愛する人たちと永遠に一緒にいることはできない。
いつかは何かの形で別れを迎えてしまう。
だから、こんな何でもないひとときが
実はとても大切なものだったりするのだ。
 
それを教えてくれた、今は亡き父
遠く離れた場所にいる、私を産んでくれた母へ
「ありがとう!私をこの世へ送り出してくれてありがとう!」と
心の中で叫びたい。
 
誕生日おめでとう、私。
15:23  |  所感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Tracback

この記事のトラックバックURL

→http://nakayokonaname.blog44.fc2.com/tb.php/375-d27880d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。