スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.08/07(Fri)

「語り継ぐ」ということ

娘と一緒に広島へ里帰りしていた時のこと。
電車が太田川にさしかかったとき、私の母が娘に

「原爆が落ちたとき、この川でたくさんの人が亡くなったんだよ」

と言った。
すると娘はきょとんとした顔で

原爆って何?

と聞いてきた。
母は続けていった。

「原爆っていうのは、たくさんの人を殺す爆弾のことだよ」

娘は「ふーん」と言ったきり、
あとは車窓の景色を見ているだけだった。
 
広島では小さな子供まで当たり前に知っている
「原爆」という言葉、原爆による悲劇を
東京の小学校に通う娘は知らなかった。
この先、娘は学校で
第二次世界大戦のこと、
広島と長崎に原爆が落とされたことを
きっと習うことだろう。
でも、私が中学生の時、
国語の先生が涙ながらに語った

勤労奉仕で広島市内へ行く日、体調が悪くて自分だけ休んだら
市内へ行った同級生が全員原爆で亡くなった


という体験者の話を聞く機会はあるのだろうか。
 
昨日は、64年前広島に原爆が投下された日。
TVに大きく映し出された
祖父と思われる人と小さな女の子が手を合わせる姿を見て
語り継ぐことの大切さ”を考えさせられたのだった。
10:14  |  所感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Tracback

この記事のトラックバックURL

→http://nakayokonaname.blog44.fc2.com/tb.php/372-37637945
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。