スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.06/16(Tue)

月着陸 もう一つの物語

人類初の月着陸で
アポロ11号のアームストロングと彼が発した言葉
「1人の人間にとっては小さな1歩だが、人類にとっては大きな飛躍だ」
は、あまりにも有名である。
だが、もう一人、コリンズという影の主役がいたことを
6月14日付の読売新聞で知った。

アポロ11号にはコリンズも乗っていたが、
彼は月面を踏んでいない。
司令船パイロットの彼は、月面に降り立った彼らを回収して
地球へ帰還させるのが役目だったからだ。

月面活動が終わったアームストロングたちは、
月着陸船「イーグル」に乗り込み月から離陸。
コリンズは、時速600キロでのランデブー・ドッキングを成功させ、
着陸船を捕まえなければならない。

彼はこの日、指示を入力するために
コンピューターのボタンを850回も押した。
1回でも間違えたら、命に関わることもあり得ただろう。
コリンズは冷静にやり遂げた。

地球に帰還してから注目されたのは
やはり月に最初の一歩を記したアームストロング。
だが、コリンズの活躍がなければ
その後の宇宙開発にも悪影響を及ぼしたことだろう。

コリンズがたった一人、
月の裏側を飛行していた時の気持ちを
こう語っていたそうだ。

特に月の裏側にいるときは格別な感情を味わった。
私は本当に一人だ。
全太陽系の中で、自分の生まれた惑星すら見ることの出来ない、
たった一人の人間

私は今一人、全くの一人だ。
月の向こう側には30億人プラス2人、
こちら側には一人プラスそれ以外の人数


“それ以外の人数”というのは、
私たちにとってまだ未知の知的生命体のことなのだろう。
なんて深い、崇高な“孤独”なのか・・・
人類初月着陸のもう一つの物語は、
アームストロングの名言の何倍も私の心にしみ込んでいった。

テーマ : 思ったこと・感じたこと - ジャンル : 日記

15:01  |  所感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Tracback

この記事のトラックバックURL

→http://nakayokonaname.blog44.fc2.com/tb.php/371-fbf5678f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。