スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.08/21(Thu)

「ゴーグル」をする子供達

うちの娘が小学生になったとき、
学校の方から
プールの時、ゴーグルをしたい人は持ってきてください
と言われた。
最初からゴーグルをつけて水の中に入った娘は、
2年生になった今でも、
ゴーグルなしで
水の中で目を開けたことがない。
聞けば、ほとんどの子供達が
ゴーグルをつけてプールに入っているという。

小学生の頃から、
子供達にプールでゴーグルをつけさせる理由は、

1.プールの水に含まれる塩素が、目に悪いため

2.プールのあとで目を洗う時、眼圧がかかって
 目に良くないため


ということらしい。
「なるほどなあ……」とは思う。

でも、よく考えてみると……
「泳ぐ」ことを学ぶとき、最初に立ちふさがる難関って

水の中で目を開けること

なんじゃないだろうか?
まず、水への恐怖心を取り除き、
それから徐々に泳ぐための技術を習得させていく。

でも、今の子供達は
この最大の難関を
“ゴーグル”を使うことによって
あっさりと回避しているのだ。

ゴーグルを使って泳ぎを覚えた子供達は
大人になったとき
ゴーグルを持っていない場面で
泳ぐことはできるんだろうか?
それとも、中学や高校では
プールの時間、ゴーグルを使わせないのかな?

こういう「恐怖心」を伴うことって
あまりよく考えない子供時代の頃に
覚えさせてしまう方が、
あとあと楽な気もするんだけれど……

娘が使ったゴーグルを乾かしながら
一抹の不安がよぎった
夏の昼下がりであった。

テーマ : 思ったこと・感じたこと - ジャンル : 日記

14:44  |  所感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Tracback

この記事のトラックバックURL

→http://nakayokonaname.blog44.fc2.com/tb.php/350-ab8c71ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。