スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.06/10(Tue)

一生懸命 コミュニケーション

このブログの訪問者リストをチェックしていたら、
見知らぬ人が訪ねていてくれたことを発見し、
その人のブログへ訪問しに行った。

そうしたら…

その人は、もうこの世にいないことが分かった。

先月の初めまでは、ブログを更新していたようだった。
プロフィールのところに、近親者の方であろう、
亡くなったことが短く書かれていた。

その人は、
私のブログに何もコメントを書かれていなかったから、
どこを読んでくれたのかも
何を感じてくれたのかも
分からない。
その人がこの世を去る直前、
ほんの一瞬だけ
私とその人の人生が交わったような気がした。

当たり前のことだけれど、
人は
突然「死ぬ」ことがある。
秋葉原の事件のように、理不尽な犯罪に巻き込まれたり
交通事故に遭ったり、
突然病魔が襲ったり、
あるいは自ら死を選んだり。

今日、楽しく話をした人と
もう二度と会えないことだってあるのだ。

今日は「時の記念日」
昔、セイコーウオッチで制作されたCMが
今、話題になっているらしい。
その中で使われていた詩は、
「一秒の言葉」(小泉吉宏作)だった。


「一秒の言葉」(小泉吉宏作)

「はじめまして」
この一秒ほどの短い言葉に
一生のときめきを感じることがある

「ありがとう」
この一秒ほどの短い言葉に
人の優しさを知ることがある

「がんばって」
この一秒ほどの短い言葉で
勇気がよみがえってくることがある

「おめでとう」
この一秒ほどの短い言葉で
しあわせにあふれることがある

「ごめんなさい」
この一秒ほどの短い言葉に
人の弱さを見ることがある

「さようなら」
この一秒ほどの短い言葉が
一生の別れになる時がある

一秒に喜び 一秒に泣く

一生懸命 一秒

一生懸命 コミュニケーション



私たちは、お互いを儚い命と知りながら、
いつも「一生懸命コミュニケーション」
できているだろうか?

テーマ : 思ったこと・感じたこと - ジャンル : 日記

20:44  |  所感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Tracback

この記事のトラックバックURL

→http://nakayokonaname.blog44.fc2.com/tb.php/338-05226f15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。