スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.02/14(Thu)

義理チョコ考

今日は全国津々浦々バレンタイン・デー
なんでもアメリカやヨーロッパでは、
バレンタイン・デーの日に
男から女へチョコなどのプレゼントを渡すらしい。
どうしてこういう部分だけ
日本はアメリカナイズされなかったのか、
悔やむところではあるが……

ふと、考えたのだが、
もし日本のバレンタイン・デーも西洋と同じ様式だったら
果たして義理チョコというものは存在したのだろうか?

ある会社にて…
「ああ、yokoyokoちゃんは美人だから、
いっぱい男からチョコもらってるな。
でも、koyokoyoちゃんは1個ももらえそうにないから
俺が1つくらい、チョコあげるかな」

あるいは
「yokoyoko上司には、いつもお世話になっているから
バレンタイン・デーにチョコ、あげとくか」

男性は、果たしてそんな発想が思い浮かぶのだろうか?(;´Д`)

本当は、
もうみんなやめたがっているのではないかと思われる
義理チョコ。
これがなかなか廃れることがないのは、
ひとえに女性が男性へチョコを渡しているからだと
私には思われるのだが……

じゃあなぜ、女性が男性へチョコを渡す様式だと
義理チョコがなくならないのか?
それは、女性が職場などでお世話になっている男性へ
感謝の気持ちを表すのが難しく、
そういった機会が少ないからなのではないだろうか?

これが男性だったら、
例えばお世話になっている女性社員にお昼をごちそうしたり、
出張先でおみやげを買って渡したりと、
割と自然に
普段から感謝の意を表すことができるような気がする。

でも、女性だったらどうだろう?
バリバリキャリアの女性が
部下の男性にごちそうすることはあっても、
例えばお世話になっている上司や同僚の男性に対して、
特別な日でもないのに何かプレゼントしたりすると、
変に「誤解」されたりしないだろうか?(笑)

かといって、お中元やお歳暮の時期に何かを贈るのは、
あらたまりすぎる感があるし、あまりにも儀礼的すぎる。
「お世話になっているあの男性へ」
たいして金もかけず感謝の意を伝えることができる
バレンタイン・デーという行事は、
女性にとってなかなか便利なものなのかもしれない。

でも、主人の話によると
最近の職場では、
男性「個人」に“義理チョコ”を渡す女性は少なくなり、
女子社員がお金を出し合って買った
大量の安いチョコ
「みんなで食べてください」と言って、
目立つ場所に置いておくんだとか。

それって、つまり

社内で個人的に
感謝の意を表したい男性が
少なくなってきた


ってことかな?(;・∀・)

テーマ : 思ったこと・感じたこと - ジャンル : 日記

10:55  |  所感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Tracback

この記事のトラックバックURL

→http://nakayokonaname.blog44.fc2.com/tb.php/320-0e44f4a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。