スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007.09/09(Sun)

なんでカラオケ?

私はカラオケが苦手。
昔は、飲み会で仕方なく歌わせられたりした。
若い女の子だと
どんなに歌が下手でも
その場で歌っているだけで華になったし。(;´∀`)

でも今は、カラオケを拒否できるくらい
年もとった(汗)。
もう何年もあの場所へ足を運んだことがない。

例えば、気心の知れあった
歌好きの仲間だけでカラオケへ行くのなら
全然問題ないと思う。

下手でも、古い曲ばかり歌っていても
全然気にしない仲間同士なら。

私が理解できないのは
まだあまりお互いを理解できていない仲間同士で
カラオケへ行く
という場合。

例えば、合コンとかオフ会の
二次会とかで(笑)。

おそらく、一次会では
自己紹介くらいで終わってしまって
気に入った人達とじっくり話など
できなかったことだろう。

それで、二次会がカラオケ?

人の歌などほとんど聴かず
手拍子もそぞろに
次に自分が何を歌うかを必死に探している
ほとんど自己満足の世界。
(だと、私は思うんですが)

その人がどれくらい歌がうまいかとか
選ぶ歌の傾向とかは
分かるかもしれないけど。

それだったら、私は
喫茶店でもいいから
静かな場所で、もっと話をしたい。

だって、本当は
その人の歌を聴きたいんじゃなくて
その人の

コトバを聞きたいから。

自分をさらけ出すために
人が作ったコトバを借りて歌うのは
何だかちょっと
寂しいな。(´・ω・`)

テーマ : ひとりごと - ジャンル : 日記

16:11  |  所感  |  TB(1)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

10年ほど前に、あるメーリングリストのオフ会がありました。
とても真面目で活発なメーリングリストで、アクティブに発言する方も穏やかな方が多いので1次会は和やかな雰囲気で、あっという間に終わりました。

当然、二次会でという思いだったのですが、なんとカラオケ・・・・・
これは残念だったですね、全国からせっかく集まったのに。
もっともっと話が聞きたい、話がしたい・・・・・と思いました。

その後気の合う方々とは、今でも個人的に会ったり電話をしたりしています。
そのメーリングリストは今でも健在で、500名近いメンバーがいますが
多すぎてメジャーになってしまうと、発言に警戒心が出て活発なスレッドが少なくなってきましたね。
からっぽ親父 | 2007.09.12(水) 14:25 | URL | コメント編集

わたしもカラオケ苦手ですo(´^`)o
でも『カラオケに行かなきゃならない機会』ってけっこう多いんですよね、、、
あたしの場合、
拒否したい!!でも空気読まなきゃ!!って時は
『あんまり歌を知らないのでいっしょに歌ってください!』
…とカラオケ好きな方に振ります。
ひとりじゃなければ歌いやすいし、上手くいけばまる投げ~ヽ( ´¬`)ノ
けっこう使える手ですよっd(☆ω☆)b
ayaxxx. | 2007.09.12(水) 15:52 | URL | コメント編集

からっぽ親父さんへ
「オフ会」懐かしいですねえ…。
私も若かりし(?)頃、ネット関係のオフ会へ
何度か出席したことがありました。
その時も、やはり二次会がカラオケで
ちょっとがっかりしたのを覚えています。

ネットの友達というのは、
オフ会であっても
結構「一期一会」みたいなところがあるから
やはりお会いできたときは
歌じゃなくて、もっと話をしたいですよね☆

同じように感じている人がいて
うれしかったです。(*´∀`)
yokoyoko | 2007.09.13(木) 15:45 | URL | コメント編集

ayaxxx.さんへ
カラオケ苦手なんだ。
ちょっと、意外(失礼!)
「いっしょに歌ってください!」って
結構使えそうw
でも、それを頼む相手を間違うと
セクハラされちゃうかもしれないから
注意してね。(;´Д`)
yokoyoko | 2007.09.13(木) 15:49 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Tracback

この記事のトラックバックURL

→http://nakayokonaname.blog44.fc2.com/tb.php/285-0b4be8b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

カラオケカラオケとは、歌を歌う際に、またはメロディパート(主旋律)を担う楽器を演奏する際に、生演奏ではなく事前に録音された伴奏を再生することにより演奏を再現することをいう。さらに井上大佑がこれを音源製作、再生装置、販売方法をセットにした「エイトジューク」
2007/09/29(土) 13:02:40 | 日本の文化を学ぶ。

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。