スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007.08/28(Tue)

日本語回帰?

昨日ニュースの特集でやっていた。
大学の教授が
ユーミン中島みゆきの歌の歌詞に出てくる
日本語と英語の割合を
デビュー当時から最近まで調べたらしい。

最初の頃は、誰でも予想がつく(笑)。
案の定、デビュー当時は
ユーミンの歌詞には英語が多く
中島みゆきの歌詞にはほとんど英語がなかったらしい。

注目すべきは、バブルの頃。
元から英語の歌詞の割合が多かったユーミンは
ますます英語が増え、
あの中島みゆきでさえ
英語を歌詞の中に取り入れることが
多くなったというのだ。(;´∀`)

そして現在…。
両者とも

歌詞はほとんど日本語になった
らしい。


実は、最近流行っている歌って
あまり知らないんだけれど(汗)
この大御所2人に限らず
昨今のヒット曲は、日本語だけで歌われているものが
多いんだって。
本当?

この理由を私なりに考えてみた。

1.英語教育の浸透で、ただリズムにのせるだけの
 意味の無い英語の歌詞を馬鹿にする層が増えた。

2.ヒット曲を支える層、あるいはその親が、
 あまり英語を多用しない「フォークソング」愛好世代である。

3.英語の歌詞は、例えば「I love you」とか「I want you」など
 使われる英語がある程度決まっていて、飽きられた。


う~ん。
日本人の感覚というのは
これからどこへ向かおうとしているのだろうか?(;´Д`)

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

15:38  |  所感  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

子供の頃に聴いていた音楽のほとんどは
サビに英語が使われるような音楽ばかりでした。
小室ファミリー全盛期です((笑
だから、私達みたいな(微妙に)若い世代には
日本語の歌詞が逆に新鮮なのかもしれません。
それと、英語の歌詞はノリがよくてカラオケにはちょうどいいのですが、
歌詞の意味がすんなり入ってくるのはやっぱり日本語なんですよね。
同じ意味でも表現によって全然違うっていう言葉あそびも出来るし。
日本文化を振り返るというのもいいんじゃないかなぁ…と思います(^^)
ayaxxx. | 2007.08.29(水) 14:11 | URL | コメント編集

ayaxxx.さんへ
お若い方に共感してもらえると、うれしいです♪
(って、私はどんな年寄りなんじゃ!)
たしかにカラオケとかだと
英語の歌詞の方が、ノリがよくて
歌いやすいかもしれないですよね。
でも私は、やはり日本語の歌詞が好き!
こんな風に、日本語の歌詞が増えることが
「美しい日本」を作る一歩になるんじゃないかと
どこかの内閣に言ってやりたいです(笑)
yokoyoko | 2007.09.03(月) 16:21 | URL | コメント編集

そうなんだぁ
私、英語さっぱりわかんないから、日本語のほうがいいんだけど
最近、歌きかないので・・
今度、歌番組あったらよく見ておきます(o*。_。)oペコッ
old_lady | 2007.09.06(木) 23:19 | URL | コメント編集

old_ladyさんへ
コメント、どうもありがとうございました♪
私も、最近の歌を聴く機会があまりないかな。
歌番組も一時期に比べて、ずいぶん減りましたものね(汗)
yokoyoko | 2007.09.07(金) 15:51 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Tracback

この記事のトラックバックURL

→http://nakayokonaname.blog44.fc2.com/tb.php/282-ec22e39a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。