スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2006.12/12(Tue)

「お願いします」と言われても…

昨日、我が家に一人の若い男性がやって来た。

以下、インターフォン越しの会話

:「こんにちは~。南アフリカの○○○(国名失念)にいる、恵まれない人達を救うために募金を集めています。このコーヒーを買ってください。お願いします!」

モニターで見ると、外国語で書かれたようなパッケージの箱をいくつか持っている。
ちょっと考えていると、彼はさらに言葉を続けた。

:「私達は○○○(名前がよく聞こえなかった)というもので、ここに証明の写真もあります。」

たしかに、首から写真らしき物をぶらさげている。
だが、これだけで果たして"証明"と言えるのか?(;´Д`)

:「あのぉ、私、
コーヒー嫌いなものですから…。」

ウソである(笑)。
だって、胡散臭いんだもの。

:「いえ、そういう問題じゃないでしょ?
来月○○○へ援助に行きます。よろしくお願いします!」

ここまで男性の話を聞きながら、色々考えてみた。
まず、この男性の所属しているらしい団体が、怪しい。
ちゃんとした団体なら、こうやって一軒一軒まわらなくても、市や町に訴えて、広報誌などでもっと広く知らしめることができるのではないか?(その方が、よっぽど効率的)
あと、写真を首にぶらさげたくらいで、相手を納得させられると思ったら、大間違いだ。
水道工事の悪徳業者は、よく自分の写真を首にぶらさげて、さも認められている業者のようにしていることがよくある。(´・ω・`)

次に思ったのが、「コーヒーを買わせる」というやり方。
つまり「いくら募金してください」という金額が、決まっているわけだ。
赤い羽根募金でも、災害地募金でも、金額は特に決まっていない。
(赤十字募金は500円からだったかなあ?)
これらの募金活動は、とても有名なものであるし、募金をどのように使ったかは、何らかのメディアを通して知ることができる。

彼が来月、彼の地へ行ったとして、その活動を私はどのようにして知ることができるんだろう?

ただお金を募金してもらうだけではなくて、その発展途上国の自立のために、名産物を買ってもらうという考え方もあるかもしれない。
でもそれだったら、もっと日本人が喜んで使うような品物を作るべきなのではないか?

彼は、その手に持っているコーヒーを実際に飲んだんだろうか?
コーヒーに対する何のPRもせずに、「来月援助に行くから、コーヒーを買ってくれ」って言われてもなあ…。(´・ω・`)

私は、こう言うしかなかった。
違う形で、援助してますから… と。

日本は、毎年ODA(政府開発援助)に莫大なお金を使っている。
そのお金は、私達の税金だ。
ウソをついたという気持ちは、なかった。

その男性は「はい、分かりました」と言って、隣の家へ向かった。
何だか、後味の悪い出来事であった。

みんなは、こういう人が訪ねてきたら、どうしますか?(;´Д`)

テーマ : ひとりごと - ジャンル : 日記

12:38  |  所感  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

あたしも買いません。だって胡散臭いもの。。。
すべてを把握できるとはもちろん思ってはいませんが、
ある程度自分で理解して納得したものでなければ協力するつもりはありません。
世の中には人の善意を利用する人も多いですから…(つへ-。
ayaxxx. | 2006.12.12(火) 15:57 | URL | コメント編集

申し訳ないけど(?)買いません。

ウチは、毎月ユニセフにほんのわずかですが募金しています。
そんなことしかできませんが・・・

最近はうさんくさいのがけっこうありますよね。
広島のドッグパークの件にしても、何やら怪しいし。
なんか悲しい世の中ですねぇ。
そばかすうさぎ | 2006.12.12(火) 23:48 | URL | コメント編集

ayaxxx.さんへ
「買わない」と思っている人がいて、良かったあ。(;´∀`)
そう、人の善意を利用する人って、世の中に多いですものね。
こんな風に考えなければいけないのは、
ちょっぴり寂しいんだけれど…。
yokoyoko | 2006.12.18(月) 14:48 | URL | コメント編集

そばかすうさぎさんへ
あっ、ここにも「買わない」人、発見!(笑)。
私も、赤十字とか、微々たる額ですが協力しています。
広島のドッグパークの件、真実はどうなんでしょうねえ?
募金が横領されていて、助かるはずの犬たちがたくさん
死んでいたら、哀しいですね。
yokoyoko | 2006.12.18(月) 14:51 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Tracback

この記事のトラックバックURL

→http://nakayokonaname.blog44.fc2.com/tb.php/215-9df6ddff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。