スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2006.12/11(Mon)

ネットのお墓

父の肺癌の事があってから、癌を患っている方のHPやブログを見る事が多くなった。

肺癌の場合、発見しにくいのが原因なのか、見つかっても手術できないものが半数以上だったり、手術をしても治癒率が他の癌ほど良くなく、手術後の5年生存率は全体で50%をやや下回っているらしい。

そういうこともあってか、私が見つけたHPやブログのほとんどは、途中でプツンと終わっている事が多かった。
きっと志半ばで、もう更新できないほど体調が悪くなり、その後、亡くなられたのだろう。

そういう人達のHPやブログが、ネット上に残っている。
ご遺族の方達の意向で、そのまま残されていることが多いようだ。

それは、まるでネット上に建てられた、彼らの「お墓」のような気がする。

本物のお墓は、遺族や友人達など、亡くなった人に縁のある人達しか訪れないだろう。
また、亡くなってから何年も経ってしまえば、さすがに毎日お墓参りする人も滅多にいないはずだ。
お墓を前に、故人のことを思い出そうとしても、記憶は時間と共に薄れてきてしまうだろう。

でも、彼らがネット上に残したHPやブログの「お墓」は違う。
その中には、彼らの苦悩や努力の跡が、まるで昨日のことのようにはっきりと記されている。
何年経っても、その闘病記を読んで感動し、故人を偲ぶ人はいることだろう。

こういう「お墓」って、何だかいいなあって、思った。
お墓一つ建てるのも、ずいぶんお金がかかる時代。
お墓のある場所から遠くへ住む事になってしまったら、1年に1回墓参りに行くのも大変かもしれない。
何より、亡くなった本人がどんな事を思い、話していたかなんて、忘れていってしまうことだろう。

ネットに自分の日記を置いてもらえれば、気が向いた時、訪れてくれればいいし、お墓の管理も、変なコメントやトラックバックがついていたら削除してくれるだけで十分(笑)。

私も、もし自分の死期を知ることができたら、「その日」が来るまで、ブログに日記を書き続け、それを私の「お墓」にしてもらおうかなあ…。

テーマ : ひとりごと - ジャンル : 日記

13:36  |  所感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

はじめまして。「肺がん 闘病」で検索していてこちらへたどり着きました。私の父も肺がんステージ4です。告知されてから1年と少し経ちました。語り尽くせないほどいろいろな経緯や思いがあり今に至ります。父は以前と変わらず元気で仕事も続けています。広島に住んでいます。なんだか縁を感じて思わずコメントさせていただきました。余命や生存率はあくまでも統計データなのであまり気にされない方がいいと思います。それよりもお父様と話したり一緒に過ごす時間をできるだけ作ってあげてくださいね。またお邪魔します。
nana | 2006.12.22(金) 20:48 | URL | コメント編集

nanaさんへ
コメント、ありがとうございました。
nanaさんのお父様も、うちの父と似たような状況なのですね。
今日から広島の実家へ帰ります。
今回は、あまり色々なことは考えず、なるべく普通に接するつもりです。
良かったら、また遊びに来てください。(*´∀`)
yokoyoko | 2006.12.23(土) 05:53 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Tracback

この記事のトラックバックURL

→http://nakayokonaname.blog44.fc2.com/tb.php/214-e211570c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。