スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2006.12/06(Wed)

事実を見つめて…

今まで、無意識のうちに事実を見ようとしなかったのかもしれない。
最近になって、やっと「肺癌」をネットで検索するようになった。

医学的用語や図解が満載のものは、なかなか理解するのが難しい。
だから、どうしても肺癌の当事者やその家族が作ったHPに目がいってしまう。

非常に生々しい記述に、思わず目を背けてしまいたくなることも、何度かあった。
それでも、「これから先、起こるのであろう"事実"を知らなければ」と思い、頑張って読んだ。

自らが肺癌に冒されたお医者様のHPは、自分の経験をふまえて、告知はどうするべきか、末期癌になった場合、自分はどうして欲しいかなどが、淡々と書かれていた。
そのお医者様は、死の一ヶ月近く前まで、PCを使って自分の闘病記を書き続け、モルヒネによる精神錯乱状態を自覚した日に「これ以上のHP更新は困難と判断す」と書き、そこで終わっていた。

もう1つのHPは、二人のお子さんを抱えた奥さんが、自分のご主人の肺癌闘病生活とその後について、書いたものだった。
やりきれない思いを文章に書きつつ、それでも驚くほど冷静な目でご主人の病状を書いていた。
ご主人を失った悲しみだけでなく、お葬式や財産のこと、保険のこと、今後の生活をどうするかやお子さんにどう接していくかなど、事細かに綴られた内容は、とても胸を打つものだった。

人は、「書くこと」で、何か救われるのかもしれない。

今まで、私の中の「癌」というものは、TVドラマにでてくるような絵空事に過ぎなかった。
美しいヒロインがベッドに横たわり、恋人が嘆き悲しむ中、そっと息を引き取る。
そんなイメージしかなかった。

他の病気もそうなのかもしれないけれど、癌とはまさに痛みや苦しみとの戦いなのだ。

いずれ息を引き取る父であっても、死ぬ前に痛みや苦しみから逃れることはできない。
肺癌は脳に転移しやすいそうなので、脳転移や痛み止めのモルヒネの多用で、精神錯乱状態が起きることも予想される。
そんな父の状態を、今後私達家族は見守っていかなければならない。

何度か、コメントやメールの中で書いた言葉だけれど、自分を励ます意味を込めて、また書こうと思う。

あなたが死にたいほどに辛く生きた今日は、
昨日死んだ人があれほど生きたいと願った今日

頑張って生きていかなければ…。


※参考リンク
肺癌医師のホームページ
Dear…

テーマ : ひとりごと - ジャンル : 日記

12:00  |  所感  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

お久しぶりです。
コメントありがとうございます。

yokoyokoさん、
辛いとは思いますが、
一生懸命生きているお父様の為に、
頑張ってください。

yokoyokoさんのブログを読んでて、
昨年の秋の事を思い出しました。
実は、私の父も昨年‘肺癌’で他界しました。
しかし、それを知った時は、
もう永眠し、それが父と13年ぶりの再会。
私も癌とは縁のないものと思ってましたので、
‘癌’と知ったとき、驚きました。

yokoyokoさんのブログを読んで、
父1人、‘癌’と闘っていたとき、
どんなに辛く寂しかったのだろう、
父は‘肺癌’と知っていたのかも知らず、
入院して2ヶ月弱で他界。
たまたま、
近所の方に親切な方達がいらっしゃったので、
少しは、気が紛れたとは思いますが、
私は、苦しんでいる父の事を知らなった。
夏頃、「父に会おうかぁ・・・」と彼と話に出たものの、
やはり会う勇気がなかった、悔いを残しました。

お母様のことも心配だと思いますが、
yokoyokoさんの生活もあります、
今出来る事を悔いのないように。
yokoyokoさん自身の体調・健康も、
気をつけてくださいね。
応援してます。

さとぴぃ | 2006.12.06(水) 17:07 | URL | コメント編集

大変な病気ですよね。
私の父は肝硬変末期っていいましたが、
実はその影響で肺に膿が溜まっていたんです。
最初は片方、それが両方になって、亡くなる時は呼吸困難だったんです。
苦しくて暴れるのを少しでもなんとかしようと、
モルヒネとかも打ちましたよ。
見ているのは本当に辛いこと。
でも、当の本人が一番辛いんですよね。
頑張って闘っているお父さんの力の源になってあげてくださいね。
そして、yokoyokoさんが辛い時はブログにぶちまけて!
自分自身も大事にしてあげて。

そばかすうさぎ | 2006.12.06(水) 21:50 | URL | コメント編集

さとぴぃさんへ
さとぴぃさんも、お父様との哀しい別れがあったのですね。
心配していただいて、ありがとうございます。
何も知らない子供が、毎日元気いっぱいなのが、
唯一の救いなのかなあ…って、思ってます。
yokoyoko | 2006.12.11(月) 13:40 | URL | コメント編集

そばかすうさぎさんへ
そうですよね。
当の本人が、一番辛いんですよね。
なるべく父の負担にならないよう、今度広島へ帰省した時は
普通に接していこうと思っています。
yokoyoko | 2006.12.11(月) 13:42 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Tracback

この記事のトラックバックURL

→http://nakayokonaname.blog44.fc2.com/tb.php/213-d7b9aaeb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。