スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2006.10/31(Tue)

大切なのは…

最近、「いじめ」を苦にして自殺する中~高校生達のニュースが、多く報道されている。

いじめられた内容をいくつか新聞で読んだ。
「私の時代にも、こんないじめって、あったよなあ…」
っていうのが、率直な感想。

誤解を恐れずに書くと

仲間はずれにされたくらいで、自殺しちゃうの?

って思ってしまう。

もちろん、仲間はずれは辛い。
集団で競技する部活では、あからさまにそれが見えてしまう。

でも、自殺する前に「その部活をやめる」って選択肢は考えないの?

クラスで仲間はずれにされるのも、辛いことだろう。
机に落書きされたり、お昼のお弁当が一人きりだったり、上履きを取られたり…。

でも、自殺する前に「その学校へ行くのをやめる」って選択肢は考えないの?

私自身、幼い頃、転校が多かったこともあり、今考えると「いじめ」に近いような仕打ちを受けた記憶がある。

でも、無視していれば、いつの間にか相手は興味を失って相手にしなくなったし、こっそり助けてくれる友達もいた。

そして、何より勇気づけられたのは、私の母親の言葉。

「いやになったら、帰っておいで」

多分、幼い頃、遊んでいて私だけ仲間はずれにされていた現場を私の母親は見ていたのかも知れない。
いやになったら、つまらなくなったら、すぐに家へ帰ってきていいからと、いつも言ってくれた。

もし、私の娘がいじめに遭って、学校へ通っている限り、その辛さから逃れられないのなら、私も同じように言いたい。

「いやになったら、帰っておいで」と。

勉強は、その学校へ行かなくたってできる。
いじめる友達と無理に付き合う必要なんて無い。

大切なのは、あなたの、あなた達の「いのち」なんだから…。

テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

12:11  |  所感  |  TB(0)  |  CM(10)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●長コメ失礼致しますm(_ _)m

自殺した子達は、
学校の外の世界があるということに気付けなかったのではないでしょうか。
世間体を気にして学校に行かないことを許さない大人もいるし、
いじめに屈する弱さを責める大人もいる。。。
おとなのせいで自殺するんだ!…なんてカンチガイは言わないけれど、
>「いやになったら、帰っておいで」
…って、まわりのおとながそんな風におおらかに対応していれば、
いじめにあっている子たちの視界も拡がって、自殺は減るんじゃないかと思います。
あたしも子供の頃はいじめにあって『もう死にたい…』って思ったことが何度もありました。
けど、だからこそ言いたい。
いじめくらいで死ぬなんてもったいないぞヽ(`Д´#)ノ…って。
ayaxxx. | 2006.10.31(火) 16:11 | URL | コメント編集

・・もっと世間は広い事を気づけなかったのかもしれません・・ 同感です!
我が家は引越しもするし 異国まで来ちゃってますが
世の中はそこだけじゃない事を知らされてしまってます
それが良かったのか??
本人たちもずいぶんつらい思いをしてたみたいですが
強くなってます。

命を粗末にしてほしくないですね。
終わらせないで下さい
先には何かがあるのですから
ぷゆ | 2006.10.31(火) 23:46 | URL | コメント編集

お久しぶりです。
朝、ニュース聞くのが辛いです。
今日も・・・。
背景は、いろいろありなんとも言えませんが、
‘自分’‘いのち’を大切にして欲しい、
そして、自分を信じる強さを持って欲しい
と、強く感じる今日この頃。
さとぴぃ | 2006.11.01(水) 00:56 | URL | コメント編集

いじめってほんとイヤよねー。
私も仲間はずれとか、一人孤立した時期があったけど、
自殺まで考えたことなかったなぁ。
やっぱり家族が見ていてあげるって大事だよね。
どうしても辛かったら、無理して行く事ないって私も思う。
大事にしてもらいたいな。
自分のこと。
そばかすうさぎ | 2006.11.04(土) 21:38 | URL | コメント編集

 ご無沙汰です!ブログにコメントももらっていたのにスイマセンでした。先日のトラックバックの応酬でブログが億劫になり、間違って全メール受診拒否にしていました(涙)許してください!
うちも転勤族、これから何回か息子も転校生を経験するのかと思うと少し不安です。私の頃も男の子は教室でパンツ脱がされたりもしてたし、女の子のシカトもあった。先生もガンガン注意してたような。 今は先生達も自分の査定に響くとかそんなことを考えてしまっているような気がする。 見てみぬふり・・・ 
うちも一人っ子なので、親が上手くフォローしたいと思ってます。 yokoyokoさんのお母さんを見習って。 男の子は特にコミュニケーションしていかなきゃなあと感じます。
nohohon | 2006.11.05(日) 18:29 | URL | コメント編集

ayaxxx.さんへ
子供の視野が狭いのは、仕方のないことですよね。
大人になってしまえば、学校だけが、まわりの友達だけが
世界の全てではないって、分かるんだけれど。
子供の生活の中では、それが全てになってしまうだろうし。

ホント、いじめで死ぬなんてもったいないぞ!って、私も
声を大にして言いたいです。
yokoyoko | 2006.11.06(月) 11:44 | URL | コメント編集

ぷゆさんへ
ぷゆさんは「異国」にいるから、世界は広いんだぞ!って
きっと私以上に知っていることでしょうね。

お嬢さん達も、つらい思いをしたことがあったんですか?
外国にも「いじめ」はあるようですが、先生が日本より
もっと毅然とした態度をとっていると、以前TVで見たような
記憶があります。
yokoyoko | 2006.11.06(月) 11:47 | URL | コメント編集

さとぴぃさんへ
「自分を信じる強さ」って、どうしたら持てるんでしょうね?
思春期の頃って、特に「自分の存在」に懐疑的になったり
親を信じられなくなって、反抗的になったりしますよね。
私自身、どうやってその強さを身につけていったのか、
思い出せません。
まだ、「自分を信じる」強さを身につけられていない子供には
周りの大人が「信じてあげる」事が大事な気がします。
yokoyoko | 2006.11.06(月) 11:52 | URL | コメント編集

そばかすうさぎさんへ
そうそう、学校がどうしても辛かったら、無理して行かなくても
いいと、私も思うんですよね。
多少いい加減に生きていく方が、世の中、楽になるんだよって
真面目に悩んでいる子供達に教えてあげたいなあ…。
yokoyoko | 2006.11.06(月) 11:56 | URL | コメント編集

nohohonさんへ
昨日TVで「最近の先生も親も、子供を叱らなくなった」って言っていた人が
いました。
先生のことはよくわからないけれど、最近の育児書だと「子供はしからず
褒めて育てましょう!」っていうのが、主流ですものね。
あまり殴ったりするのも考えものですが、子供なんて、ある時期までは
「動物」みたいなものだし(笑) ちゃんと怒るときは怒るというのも必要なのかなあと
感じる、今日この頃です。
yokoyoko | 2006.11.06(月) 12:00 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Tracback

この記事のトラックバックURL

→http://nakayokonaname.blog44.fc2.com/tb.php/206-ef00d49b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。