スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2006.01/25(Wed)

東京拘置所ってどんなとこ?

テレビでのニュースやワイドショーでは、連日堀江氏のことを報道している。

最近では、新しい事実関係が今ひとつ出てこないため、報道は事件そのものから、堀江氏の過去、そして現在どんなところで生活しているかが報道の中心になりつつある。

そこで、ピックアップされているのが、東京拘置所だ!

図だけでは飽きたらず、部屋の模型を作っちゃった局もあった。

独居房は3畳くらいで、トイレも部屋内にあるようだ。
テレビを見て分かったのは、それくらい。

もっと知りたい!

ぐぐってみたら、KNN's Photologっていうおもしろいブログを見つけました。

この方、セグウェイ(小泉総理も乗っていた20世紀最大の発明と言われる?!乗り物)で公道を走っていて、結果的に東京拘置所へ入ることになったらしい。

私がびっくりしたのは、刑務官の質問。
「同性愛者か?」とか聞かれたり、肛門のチェックもされるらしい…。
この人は男性だから、女性だったらもう1つの穴もチェックされるんだろうか?
妊娠中に内診されたような感じでは、絶対ないんだろうなあ(笑)。
当然女性の刑務官がやるんだろうけれど、屈辱的なこと、この上ないのかも…。

あと、新聞は読売新聞だけだったらしい。
やっぱ、読売新聞は万人受けするのか?!

部屋にトイレがあると、臭くないんだろうか?

疑問は尽きないが、自分で入所してまで疑問を解明する気はない(笑)。

テーマ : ちょっと思ったこと - ジャンル : 日記

20:06  |  所感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Tracback

この記事のトラックバックURL

→http://nakayokonaname.blog44.fc2.com/tb.php/19-d12d617c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。