スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2006.08/23(Wed)

分かっちゃいるけど…

今朝の読売新聞

食事バランスガイド(1日に必要な食事の摂取量とメニューの事例を主食・主菜・副菜などに分類し、イラストで表現したもの)を推進する農水省の職員実践率、なんと0.1%なのだそうだ。(;・∀・)


1週間の食事調査を実施、職員4370人から回答を得た結果、

・7日間すべての食事がガイドの適量範囲だった→4人
・1日だけ適量だった→430人(約1割)
適量日数ゼロ→3639人(約8割)


自分が出来ないことを人に押しつけるな!(#゚Д゚)

農水省なんかに教えられなくても、みんな「この食事が続くのは、身体に悪いかも…」って、うすうす気づいているはず。
分かってはいるけれど… 毎食理想的な食事ができないジレンマをみんな抱えているのだと思う。

農水省も、自分の所の職員ができないんだから、バランスガイドなんて作らないで、こういうのを作ってみたらどうだろうか?


例えば
・外食した時、主食と一緒に頼んだ方がいい小鉢の種類。
・お酒と一緒に頼むと、身体によい副菜。
・夜、脂っこい物を食べた翌日の理想的食事。
・今年みたいに野菜の値段が高い時、高い野菜の代わりになる栄養を持った野菜の紹介。
・どうしても朝食をとる時間が無い時、これを摂取すればとりあえず乗り切れるという食品。
・料理の苦手な人でも身近な食材で作れる、栄養のあるメニューのレシピ。

ふぅ~ 何だかどんどん脱線していくような気が…(笑)。

とにかく、農水省はもっと違った形で国民に食事の大切さをアピールしないと、誰も振り向いてくれないよ!(;´∀`)

テーマ : 独り言 - ジャンル : 日記

10:49  |  所感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Tracback

この記事のトラックバックURL

→http://nakayokonaname.blog44.fc2.com/tb.php/186-405badc4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。