スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2006.06/10(Sat)

あなたならどうする?

ちょっと難しいテーマかも…って思ったんだけれど、「私ならどうするだろう」って、考えてしまったので。

ちょっと前に、フジTVの「スーパーニュース」の特集で、性同一性障害の男性を二人取り上げていた。
どちらも家族へカミングアウトし、片方の男性はその後も家族と暮らしていた。
たしか高校の先生だったと思うんだけれど、学校や生徒の理解もあって、そのまま教鞭を執っていた。

もう片方の男性は、奥さんと離婚、一人娘にも何年も会っていない状態。
奥さんからは「オカマ!」と、ののしられていたそうな。

うちの主人が、もし性同一性障害だといきなり告白したら…。
う~ん、どうしよう?(;´Д`)
さすがに「オカマ!」って、罵声を浴びせることはないと思うけれど、心中はとても複雑。
それに、子供へどう説明する?

TVの、家族と一緒に暮らしている男性の場合、カミングアウトしたのがちょうど息子さんの思春期の時で、そのせいで息子さんは「自律神経失調症」になってしまったらしい。
理解してあげなくちゃって思っても、心のどこかで拒否してしまうのが、身体の不調で表れる。
何だか、切ないね。

夫婦でなくても…。
例えば、恋人とか友人でも、大切な人の「性」が、今まで自分が慣れ親しんできたものと全く逆だとしたら…。

理解してあげたい。
でも、生理的に受け付けられない。
そんな心の葛藤に、周りの人は悩み続けるのでしょう。

でも、一番辛いのは、当人に間違いないわけだけれど。

で、私の場合。
しばし考えてみたけれど、「あー、ややこしい!」とか言いながら、そのまま一緒に暮らしてしまいそう(笑)。
子供への説明を考えると、ちょっと憂鬱だけれど、そのうち見慣れちゃうかも知れないし。

なかなか難しい問題ですね。(;´∀`)

テーマ : ひとりごと。 - ジャンル : 日記

19:59  |  所感  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

うーーーん
難しい問題だけど
今居る家庭に親としての義務みたいなものは果たして行きたい
という事で仕事もしている・・
でも女装というかそれが本人にしては心地よい常態ナ訳だから
・・・
自分に置き換えてみる・・
すでに20年は過ぎた夫婦生活を振り返ると
もしそうだとすると・・
許してしまうかも・・最初は戸惑うだろうケド・・・
ぷゆ | 2006.06.10(土) 23:17 | URL | コメント編集

ぷゆさんへ
相手の「性」がどうであれ、やはり"親"としての義務は果たさなければ…
と、思いますよね。
ただ、子供にどう納得してもらうか、難しいところだと思います。
「そのうち慣れちゃうかも…」って、私は結構楽観的です(笑)。
yokoyoko | 2006.06.12(月) 06:05 | URL | コメント編集

障害…というわけではないらしいのですが、ともだちにそういう子がいます。
もちろん葛藤はあるかとも思いますが
その人は自分の姿も価値観もそれらのギャップも、それらに誇りと自信を持っていて
それが自分だ!と胸を張って言える人です。
ごちゃごちゃ言う人はいるけれど、あたしはその人を尊敬してます。
でも…それが今傍にいる自分の家族だったら……
『実はそうだった』という事実よりも、そんな隠し事をさせてしまっていたことが許せないかもしれません。。。
ayaxxx. | 2006.06.12(月) 16:11 | URL | コメント編集

私も違う番組で、特集を見ました。 理解してあげたいと思うけど、自分の血族なら、少し時間がかかるかもしれません。 他人の方がすぐに理解してあげられるかも。 でも本人がどうしようもないことを、他人がどうこうできることではないというのが私の持論でもありまして・・・ もし、それが息子なら・・・将来、親が亡くなった後も自立してやっていけるように手助けをしてあげたい。 夫なら・・・もう出産もないだろうから(笑)友人みたいになれれば理想。 ポジティブに考えるタイプです、ハイ。
nohohon | 2006.06.12(月) 17:50 | URL | コメント編集

ayaxxx.さんへ
「家族」だからこそ、逆に言えないこと…って、あるのかもしれません。
家族に心配させちゃいけないとか、家族が他人に後ろ指をさされちゃいけないとか、
自分の家族の方が、気を遣ってしまいそう。

ayaさんのお友達、ayaさんみたいな子が側にいてくれて、良かったですね。
(*´∀`)
yokoyoko | 2006.06.13(火) 11:56 | URL | コメント編集

nohohonさんへ
私も同感!
自分の子供なら、どちらの「性」を選択しようと、自立できるだけの力を
つけさせたいし、夫なら、力持ちで運転のできる(笑)友達が側にいてくれて
便利かもしれないです。 (;・∀・)
yokoyoko | 2006.06.13(火) 11:59 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Tracback

この記事のトラックバックURL

→http://nakayokonaname.blog44.fc2.com/tb.php/153-8c9a3493
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。