スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2013.02/20(Wed)

くだらない?発見!

料理に使うお玉とかターナーとか計量スプーン、ちょっと置きたいとき、みんなはどうしているんだろう?
一応「お玉置き」というのは存在するけれど、あれってお玉以外は置きにくいし。

ってなことをずいぶん前から思っていて、結局キッチンにそのまま置いていたりしたのだが、さっきふと思いついた。

そうだ、「洗濯ばさみ」を使ったらいいじゃない!


お玉

これ、結構いけると思うのだけれど。
ちょっと貧乏くさいところには目をつぶって(笑)。
スポンサーサイト

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

11:27  |  これ、イイ!  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2013.02/15(Fri)

新幹線の中で…

先週の土曜日、法事で東京から広島まで新幹線「のぞみ」を利用した。
東京を出発したときは晴天だったが、案の定、米原駅は天候が悪く雨混じりの雪が吹雪いていた。
快適なはずの車内だが、外の景色も相まって、少し冷えたように感じた。

京都を過ぎ、新大阪へまもなく到着する頃、到着を知らせるアナウンスが流れた。
新大阪でJR東海の乗務員は降り、JR西日本の乗務員と交代する。
そんないつも通りのアナウンスを聞き流していたが、その日は違っていた。

ここで私たちJR東海はお別れです。
つたない放送をお聞きいただきありがとうございました。
ただ今の大阪の気温は6℃。
それでは楽しい週末をお過ごしください!


まるで飛行機が着陸する時のアナウンスのようだった。

きっと毎回こんなアナウンスじゃなくて、たまたまその車掌さんがされたのかもしれないけれど、
私のこころはほわっと暖かくなった。

昔に比べると新幹線は色々なサービスが充実している。
ラジオ放送やインターネット、電源のサービスまである。

でも、こういうサービスも大切にしてほしいなあ…

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

20:07  |  所感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013.02/06(Wed)

エレベーターの中で…

普通、知らない人同士が乗り合うエレベーターの中で、何をする?
私の場合、上にある表示板を見ながら、今何階なのかを確かめるかな。
とにかく、周りの人たちと目を合わせず、黙ってひたすら目的の階に着くのを待つ。
大体の人がこんな感じなんじゃないだろうか。

前に在日外国人が集まって日本の話をするみたいな番組があって、そこで

「日本人は何でエレベーターの中で黙ってるんだ?」

という疑問が出されていた。
なんでも、外国(その人はフランス人だったかな?)では、知らない人同士でもエレベーターの中で乗り合わせたら普通に

「こんにちは!」
「(週明けだったら)週末何してましたか?」

などと相手に話しかけるらしい。
相手が話題に乗ってこなくても構わない。
つまり“挨拶する”ってことらしい。
なぜ相手に話しかけるのかと司会者が聞いたら
「黙っていたら気まずいでしょ?」
と言っていた。

“気まずい”の感じ方にも国民性があるんだなあ…

一説によると、
・日本人同士は民族性や歴史的に統一性があり、互いに信頼関係があるから挨拶は不要で、やたらと挨拶をする人はかえって警戒されてしまう。
・海外では逆にお互いに挨拶をして、敵意を持っていないことを示す必要がある。

と言われているそうな。

最近の日本は、どう考えても「互いに信頼関係がある」とは思えない悲惨な事件がたくさん起きているから、そのうちエレベーターの中で挨拶しあうようになるかもしれないけどね…

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

12:56  |  所感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013.02/03(Sun)

「恵方巻き」陰謀新説?!

今日は“節分”
節分といえば、最近はその年の吉方向に向かって無言で、願い事を思い浮かべながら太巻き寿司の恵方巻きを丸かぶりすることになっているらしい。

一週間前くらいから、新聞のチラシをにぎわせていたこの「恵方巻き」
この時期になると、必ずといっていいほど
「私が子供の時は、恵方巻きを丸かぶりするなんて習わしはなかった!」
「あれはコンビニや海苔業界の陰謀だ!」
「2月に売り上げが落ちるスーパーの策略だ!」
などというつぶやきがあちこちから聞こえる。
地方によるのかも知れないが、たしかに私が小さい頃、節分にこんな風習はなかった。
今では寿司だけでなく、形が似ているだけで本来の太巻きとは全く関係がないロールケーキなどの洋菓子まで出る始末。

消費者だって、本当は分かってるんだよね。
「別に節分に恵方巻き食べなくたっていい」ってこと。

では、なぜこの“恵方巻き”がすたれることなく今日まできているのか?

私が思うには
「とりあえず節分の夜にこれを買って出しておけば夕食作らなくて楽~」
と思っている“主婦たち”が、この恵方巻きを支えているのではないだろうか?
そう、「主婦陰謀説」だ。

なぜなら、私も今夜の夕食は買ってきた恵方巻きで済まそうと思っているからである(笑)。

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

11:52  |  所感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。