スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012.02/08(Wed)

「下山の思想」に違和感

どうして五木寛之の「下山の思想」がベストセラーになっているんだろう。

今朝のニュースで紹介していた。
まだ実際に読んでいないので、Amazonの内容紹介から

“どんなに深い絶望からも人は起ちあがらざるを得ない。
すでに半世紀も前に、海も空も大地も農薬と核に汚染され、それでも草木は根づき私たちは生きてきた。
しかし、と著者はここで問う。再生の目標はどこにあるのか。
再び世界の経済大国をめざす道はない。
敗戦から見事に登頂を果たした今こそ、実り多き「下山」を思い描くべきではないか、と。
「下山」とは諦めの行動でなく新たな山頂に登る前のプロセスだ、という鮮烈な世界観が展望なき現在に光を当てる。
成長神話の呪縛を捨て、人間と国の新たな姿を示す画期的思想。”


五木寛之はTVで「こんな時代だからもっと気軽に考えようよ」みたいなことを言っていた。

そりゃ、五木寛之は78歳だから、“下山の気分”になっても仕方ないと思う。
でもそんな気分の団塊世代を必死で支える40代以下や、これから山を登ろうとする若者たちがいることをお忘れか?

山はいったん麓まで下りてしまったら、また頂上まで登るのは大変なんだぞ。
せめて尾根伝いに縦走か、猛吹雪に耐えて必死にしがみつき頂上目指して少しずつでも登っていけとはっぱかけて欲しいよ。
仮にも人生の先輩なんだから。

蓮舫さんが「二番じゃダメなんですか?」と言うのを聞いた時、うちの夫がつぶやいた言葉を思い出した。

「初めから二番目指してたら二番にもなれないよ」

初めから“小さな幸せ”だけを目指していたら、小さな幸せすらつかめないのかもしれない。
スポンサーサイト

テーマ : 思ったこと・感じたこと - ジャンル : 日記

10:41  |  所感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.02/07(Tue)

「チンパンジー」になっていく私たち

私たちは「進化」しているのだろうか。

そりゃそうだろう。
サルだったころ不可能だった色々な事ができるようになった。
快適な環境に慣れてしまった今、もうサルの時代には戻れない。

しかし、もしかしたら私たちは知らないうちに「チンパンジー」になっているのかもしれない。

2/7の読売新聞にあった記事。
京大霊長類研究所が行った実験によると、チンパンジーは仲間が助けを求めてくれば、必要な道具を手渡して助ける。
が、人間のように相手の行動を観察してこちらから先に助ける“おせっかい”はしないそうだ。

実験を行った山本氏はこう言う。

「チンパンジーの世界は一対一が基本だが、人間のような社会的集団になると『おせっかい』といった気遣いの行動が生まれるのではないか」

私たちの周りには、『おせっかい』なひとが年々減っているような気がする。
濃密な近所づきあいを嫌い、世話を焼けば逆に「空気読めない」と言われる。
私もどちらかといえば“相手に助けを求められるまでは何もしない”側の人間。

私たちはチンパンジーへと「退化」しているのだろうか。
いや、チンパンジーはまだ助けを求めてきた相手を助けようとする。
それすら無視し、助けようとしないヒトは、チンパンジーにも劣る。

もう一度自分に問うてみる。

私たちは「進化」しているのだろうか……。


テーマ : 思ったこと・感じたこと - ジャンル : 日記

12:49  |  所感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。