スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.06/14(Mon)

「とげとげ言葉」と「ふわふわ言葉」

娘の小学校で以前校長先生が
とげとげ言葉」と「ふわふわ言葉」について話されたそうだ。
それを受けて担任の先生が子供達に
普段どんな「とげとげ言葉」「ふわふわ言葉」を使っているのか
聞いてみたらしい。

まず「とげとげ言葉」
ばか
うざい
死ね
きえろ
あっちへ行け
うるさい
早くしろ


これってTVなどのメディアでもよく見聞きする言葉だけれど
もしかしたら「親」が自分の子供達に
うっかり使っている言葉もあるのかもしれない。
“うるさいなあ”とか“早くして!”なんて、
私も自分の子供に何度も使った覚えがあるし。

次に「ふわふわ言葉」
だいじょうぶ?
ドンマイ
すごいね
ありがとう


うっ、「ふわふわ言葉」の方が少ない…

これは絶対に大人が反省すべきことだと思う。
今の世の中、きっと「とげとげ言葉」が蔓延しているのだろう。

先生は子供達に
「もし使うならどんなふわふわ言葉を使ってみたいか」
も聞いたそうだ。

ナイス
またね
一緒に遊ぼう
大変だったね
気にしなくてもいいよ
泣いてちゃ始まらないよ
上手だったよ
練習すればできるよ
これからも友だちでいようね
もう安心して、大丈夫
また遊ぼう
泣かないで
気をつけてね


これらが子供達が使ってみたい「ふわふわ言葉」
きっとこれらの言葉は、
子供達が“言われたい”言葉なんだろうなあ。

ちなみにうちの娘が使いたいふわふわ言葉は
すごいじゃん
だった。
私、普段あまり娘のこと褒めてないのかな?
反省…

もっともっと「ふわふわ言葉」を増やして
いつか子供達に「とげとげ言葉」を尋ねても
だれも思いつかないような
そんな世の中になったらいいね!
スポンサーサイト

テーマ : 思ったこと・感じたこと - ジャンル : 日記

11:31  |  子供  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。