スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.06/29(Sun)

(笑)を使うということ

パソコンや携帯を使って、
ブログ・メール・掲示板・チャットなどで
使われている顔文字や(笑)(汗)などのマーク
冗談めかしたことを書きやすいし、
内容に楽しさを添えることができる。
もちろん私もよく使っている。

でも……
最近、パソコンを使って
メール友達にメールを書くとき
極力顔文字や(笑)(汗)マークなどを
使わないようになった。
(携帯メールでは普通に使っているけれど)

これについて考えるようになったきっかけがある。
娘が幼稚園の頃、幼稚園の先生宛に
連絡帳へ少し長目の“手紙”を書くことがあって、
その時つい「(笑)」マークを
手書きしそうになったことがあった。

幼稚園の先生は、たいていみんな若い。
20代前半くらいまでの女性がほとんどだ。
でも、そんな先生達が連絡帳に書く文章、
娘の園内での様子を伝える文章には
(笑)や(汗)のマークがあるのを見たことがない。

当たり前と言えば当たり前の話かもしれないけれど、
顔文字や(笑)や(汗)などのマークを使えば使うほど
その文章は、軽くなる。
軽くなっても構わない場所、
例えば携帯メールや楽しい内容のブログや掲示板
そんなところでは、おおいに使ってもいいだろう。

でも、相手へ本当に「何か」を伝えたいとき
そういうとき、顔文字や(笑)(汗)に
頼りすぎるというのは
どんなもんだろう?

仮に相手へユーモアのあるメールを書きたいと思ったとき
顔文字や(笑)(汗)マークなどに頼らないと
相手へ伝えることができないほど
私の文章力はないのだろうか?
そんな風に考えるようになった。

それに、顔文字や(笑)(汗)マークをつけるときって、
キツいことや(男性の場合)セクハラめいたことを書いて
それをごまかすためにつけるっていうことも
多々あるようだし。

もちろん
「私はパソコンメールで、顔文字(笑)(汗)を
1個も使いません!」
と断言するつもりはない。
ただ、1通のメールにせいぜい1、2個くらいに
とどめておこうと努力している。

そうそう、たまに(爆)って書く人がいるけれど
これが一番萎えるかも。
「勝手に一人で爆発してろ!」
って、思いませんか?
スポンサーサイト

テーマ : 思ったこと・感じたこと - ジャンル : 日記

11:03  |  所感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。