スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.06/13(Fri)

10年!

本日、6月13日をもって、
私たち夫婦は

結婚11年目に突入した!

今日は「結婚10周年記念日」である。

10年前の今日は、こんなに天気も良くなかった。
今にも降り出しそうな空のもと、
遠方からもたくさんの人たちが来てくださった。

あれほどたくさんの人たちから
「おめでとうございます!」
って言われたことは
いまだかつてなかった私。
着物を着た私を
ドレスを着た私を
見知らぬ人たちまでもが
祝福してくれた。
そんな風に言ってもらえたことで
今日の私は、とても“幸せな人”なんだ…
と、やっと自覚することができた。
それまでの私は、
披露宴を無事に終わらせることばかり
頭にあって、
神経がとても張りつめていて、
自分の幸せをかみしめる余裕などなかったのだ。

披露宴前日、上京してきた両親と一緒に
三人でホテルに泊まった。
親子三人だけで過ごしたのは、それが最後だった。
もう父はこの世にいない。

遠方に住む両親に替わって
披露宴のドレスを一緒に見立ててくれた義母は、
杖をついて歩くのがやっとの身体になってしまった。

披露宴の最中、むずがっていたいた甥っ子は
もう中学生だ。

そして…
あの頃は、まだその片鱗もなかった私たちの「娘」が
今、ここにいる。

これから10年後、
私たちや
私たちのまわりの人々がどうなっているか
誰にも分からない。

だから、
今日この日を無事に迎えられたことを
感謝したいし、
これからの一日一日を大切に過ごしたい。
いつか私のもとからいなくなる人たちを
大切に愛していきたい。

そんなことを感じた、
結婚10周年記念日。
スポンサーサイト

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

12:22  |  所感  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。