スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.04/11(Fri)

Jくんが怒ったわけ

うちの娘は、無事小学2年生に進級できたわけだが(汗)
昨日の授業で、大変なことが起こったらしい。

クラスでもちょっと“問題児”であるJくんが、
何かのきっかけで急に怒りだし、
友達に上履きを投げつけたり、突き飛ばしたり、
椅子を放り投げたりして、
まともな授業にならなかったそうだ。
その迫力にびっくりして、
泣き出した女の子も数人いたらしい。

娘から聞いた話だったので、
なぜJくんが急に怒り出したのか、
その原因は分からなかった。

今日、学校で保護者会があり、
会が始まる前に顔見知りのママと話をしたら、
Jくんが急に怒り出した理由を教えてくれた。

なんでも、クラスのみんなで
「かごめかごめ」をやっていたらしい。
鬼が輪の真ん中で目をつぶり、
自分の後ろにいるのが誰なのか当てる
昔ながらの遊びだ。
鬼の後ろは、Jくんになった。
が、その時、鬼になった子は
ズル」をして、
こっそりJくんの姿を見てしまったらしい。
Jくんはその不正を許せず、怒ったのだが、
きっとまわりにうまくそれが伝わらなかったのだろう。
で、その怒りが収まらず、
自分でも押さえきれないほどになったようだ。

大人がそうであるように
子供が怒るのにだって、きっと必ず「理由」がある。
娘の話を聞いたとき、
「また、あのJくんか…」
って思ってしまった自分が恥ずかしくなった。

“子供の世界は、大人の縮図”
ってよく言われるけれど、
ズルい大人がいるように、
もうこの年齢でも、ズルい子供はいるわけで、
方向は間違ってしまったかもしれないけれど、
そのズルい行為に対して怒ることのできたJくん…
あなたは偉いです。

私たち大人は、
ズルいことをしている大人がいるのを知っていながら、
堂々とそれを口に出すことが出来ず、
影でコソコソ言うか、
見て見ぬふりをしているだけなのだから。
スポンサーサイト

テーマ : 思ったこと・感じたこと - ジャンル : 日記

17:25  |  子供  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。