スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.03/29(Sat)

父の一周忌に寄せて

ちょうど先週、父の一周忌が行われた。
「もう、あれから一年なのか……」と思う。
あっという間に時間は流れ、
少しずつ少しずつ、
父のことは思い出になっていった。

父の葬式が終わって、東京へ戻ったとき、
まだ私の中では心の整理がつかなかった。
それで、父が亡くなった直後から葬式まで
なるべく冷静に
書き留めておきたいと思った。

一周忌に寄せて
一年前に書いた私の気持ちを
今ここに記すことで、
私なりの「一つの区切り」にしたいと思う。
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

17:45  |  所感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.03/18(Tue)

S子さんの「幸せ」

以前
とあるきっかけで、
私は会ったことのないS子さんと
メール交換をすることになった。

S子さんのスペック(自己申告)
48歳
既婚
身長165cm
体重45kg

これがもし本当なら、
ずいぶんスレンダーな女性である(汗)。

今から考えてみると、
彼女は最初から飛ばしていた。

「男性はエッチすることしか考えてない」
と書き、
そのくせ
「もっと、じっくり口説いてくれれば、こっちも考えるのに」
と、“魚心あれば水心”的な気持ちを
ちらつかせていた。

この時点で
「何だか私とは合わないなあ」
と感じていたのだが、
こういうタイプの女性は、私の身近におらず
少し興味もあったので、
メール交換を続けてみた。

次のメールで、S子さんは
「お付き合いしてる方が、二人います」と、
私が聞きもしないのに
自らの身の上(身の下?)話を始めた。
「主人と不仲とかじゃないですよ♪」と、
♪までつけながら……
“派手な性格なので、誰とでも仲良くなれるみたい”
と、自分の性格を分析していたが、
派手な性格=誰とでも仲良くなれる
という公式は、
何だか違うような気がした(汗)。

自分のことばかり話していたS子さんは、
ここでやっと私のことを気にしてくれたようで、

「あなたは、もしかして、結婚してから、
浮気の経験なしなのですか?」


と、聞いてくれた(笑)。
ここで「実は私も…」などと、
相手に話を合わせても良かったのだが、
この先、ウソでボロボロになりそうな予感がしたので、
ここは正直に
「ないです…」
と書いた。
これだけしか書かないと
ここで話が終わってしまいそうだったので、
「S子さんって、きっととても美人なんでしょうね。
エステとか、行っているんですか?」

と書いて、
一応話を盛り上げる努力はしてみた(笑)。

S子さんからの返事

「自分で言うのもなんだけど・・・
結構、美人だと思うよ」


この自信満々の文面にもびびったが(汗)
この後の

「そんなの恋愛をどれくらいこなしているかの
違いじゃないのかな?」


で、とどめが

「今、幸せですか?」

だった。

S子さんは、
浮気している主婦は、幸せで
浮気していない主婦は、不幸せ
だと
考えているようだ。

彼女を傷つける言葉は、
いくらでも書けるような気がした。

例えば、
相手の男性にホテル代やら食事代やら
すべて出してもらっているというS子さんに

「そういうのって、“援助交際”とどう違うんですか?」

とか、

「二人の男性をもてあそんでいるようで、
実は、二人の男性にホテルと食事代だけで
もてあそばれているのでは?」

とかね。

でも、そんなこと書いても
かえって私の方が空しくなるような気がして

彼女の「今、幸せですか? 」
という問いに

「ええ、今、結構幸せな気がします。
少なくとも浮気願望はないです。」


とだけ書いて、返事を送った。

S子さんは

「そうなんだ…
じゃあ、私みたいな不真面目主婦とは、
メール交換しない方がいいかもね♪」

というメールを最後に
連絡が途絶えた。

結局、私の“今、結構幸せな気がします”
という言葉が、
一番彼女にぐさっとくる言葉だったのかもしれない。

「王様の耳はロバの耳」ではないが、
S子さんは、
こっそり二人の男性と付き合っていることを
見知らぬ誰かに言いたくて
仕方なかったんだろうなあ。

この状態が、S子さんの
「幸せ」なのかもしれないけれど、
何とも儚い幸せのような気がした。

テーマ : 思ったこと・感じたこと - ジャンル : 日記

15:44  |  所感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.03/09(Sun)

10倍かかっても伝えたいこと

私のブログは、ほとんど文字ばかりである。
ボキャブラリーもあまり豊富ではないので、
私の書いたことが
どれだけ相手に伝わっているのか、
たまに不安になることもある。

ネット上で誰かと「理解しあおう」としても無駄な理由

これによると

人間が無意識で処理できる情報量は
膨大(一秒当たり数兆ビット)であるのに対して、
意識で処理できる情報量は極めて少なく(一秒あたり十数ビット)、
人間の「心」はまず何よりも無意識的・自動的なプロセスに支えられて
認知・行動しているといえる。
だから、意識レベルでの「言葉しか使えない」コミュニケーションは、
基本的には失敗を運命づけられている。
たとえば、リアルに面と向かってしゃべれば5分で伝えられることを、
ネット上の【言葉のみに基づく】文章で伝えようとすると、
おそらく10倍程度のコスト(時間と労力)がかかる。


「言葉しか使えない」コミュニケーションは、
基本的には失敗を運命づけられているのか……

言葉だけを使うメールやブログ、掲示板やHPなどなど
相手へ自分の意図するものが伝わらない時がある。
言葉だけが先走ってしまい、
自分が思っている以上に
相手へ突き刺さってしまう時もある。

しかし、もちろん逆もあるわけで、
自分の何気ない一言が、
相手を勇気づけたり
喜ばせたりすることもあるだろう。
それがまた、
自分の喜びになったり、励みになったり。

面と向かってしゃべることに比べたら
10倍も時間と労力がかかるというのに、
相手に誤解されて、
悔しかったり、悲しかったり、
腹を立てたりすることも多いというのに……

私たちには、きっと10倍時間と労力がかかっても、
誤解を恐れずに
誰かに伝えたい、聞いてもらいたいことが
きっとあるんだろうね。

言葉が言葉を超えて、
誰かの心の中に一瞬でもピカっと光る瞬間を
信じていたいと思うから

10倍かかっても
こうやってブログを書いていきたいと思う。

テーマ : 思ったこと・感じたこと - ジャンル : 日記

11:35  |  所感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。