スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.01/31(Thu)

理解に苦しむ「素」

先日、いつも行くスーパーの鮮魚コーナーで、
目に留まったものがあった。
切り身魚のすぐ横に置いてあったのは

・煮魚用つゆ
・ブリ照り焼き用たれ
・ブリ大根用つゆ


いわゆる「~の素」というやつだった。

こういうのって、別に鮮魚コーナーに限ったことではない。
野菜売り場でも、例えばキャベツの横に
「回鍋肉の素」なんていうのが
さりげなく置いてある。

中華料理の素っていうのは、
許せるような気がするのだ。
回鍋肉を作ろうと思ったら、「テンメンジャン」という
甘みそが必要だ。
でもこれを中華料理以外で使いまわせるかどうか、
少なくとも私には自信が無い(汗)。
たまに自宅で回鍋肉を作りたくなった時、
こういう中華の素は、とても便利だと思う。
特殊なスパイスなどを使う洋食系の素もしかり。

でも、先に挙げた、いわゆる「和食料理の素」は
どうだろうか?
~の素っていっても、あれって

砂糖とみりんと
酒としょうゆの
割合を変えれば、
たいてい作れてしまう
ものなのでは?


で、これらの調味料は、
たいていの家庭に常備してあるものでは
ないのだろうか?

魚用のつゆとか、たれの素を使うのは、
どんな時なんだろう。
「今日は家でブリの照り焼きを食べたいような気分」
で、ブリ照り焼き用たれを買ってしまうような層は、
そもそも、家でブリの照り焼きなんて作らず、
外で食べてしまうような気もするのだが…。(汗)
スポンサーサイト

テーマ : 思ったこと・感じたこと - ジャンル : 日記

10:45  |  所感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。