スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007.11/20(Tue)

地味なケーキでも…

先日、娘の小学校で「作品展」があった。
小学1~6年生までが、
絵画、粘土、木工などの作品を作り、
体育館へ展示していた。

「紙粘土でケーキを作ったんだよ!」
と、娘から聞かされていた。
「絶対見てよね!」とも。
どんなケーキなのか楽しみにしながら
主人と見た。

これだった…。
(家に戻ってきたものを撮影)

ケーキ


娘曰く、「紫いものモンブラン」を作ったつもりらしい。
実は、このケーキの周りには、
他のお友達のケーキもたくさん並んでおり、
娘のケーキは、ひときわ地味だった(汗)。
他のお友達のケーキには、ビーズやらビー玉やらが埋め込まれ、
とても可愛らしいものになっていた。

そう言えば、前に
「紙粘土でケーキを作るから、
お家にビーズやビー玉がある人は
持ってきてください」
と、学校からプリントが来ていたな。
娘に「持っていく?」と聞いたら、
頑なに「いらない!」と言われたので、
持たせなかったのだが。
こんなことなら、無理やりにでも持っていかせれば
良かったかなあ…。

思わず
「地味だよね…。」
と、私はつぶやいてしまった。

すると、主人が言った。
「でもさあ、このケーキが一番食べられそうに見えない?」

たしかにそうだった。
他の子供たちのケーキは、可愛いんだけれど
色が毒々しかったり、
どう見ても食べられそうにないビーズやビー玉が
くっついていたり…。
うちの子は、うちの子なりに、
「おいしそうなケーキ」を追求して作ったのかもしれない。

学校から帰って来た娘は、真っ先に私たちに聞いた。
「作品展のケーキ、どうだった?」
私は、笑って答えてあげた。

「ちいちゃんのケーキが、

一番おいしそうだったよ!
スポンサーサイト

テーマ : 今日のつぶやき。 - ジャンル : 日記

15:26  |  子供  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。