スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007.11/07(Wed)

「見えすぎる」と疲れる

先日、2年半ぶりくらいに
コンタクトレンズを作り替えに行った。
私が使っているのは、ハードコンタクト。
大体2~3年くらいが寿命らしい。

で、矯正視力を測っているときに
今まで私が使っていたコンタクトだと
1.2くらいまで見えていたことが分かった。

1.2って、

見えすぎなんだって!

特に現代人というのは、遠くのものより近くのもの
たとえば携帯とかゲーム機とかパソコンの画面を
見る機会の方が多いので、
大体0.7(車を運転できる視力)から
1.0くらいまで見えれば、十分なんだとか。
逆に、あまり見えすぎると、疲れてしまうらしい。

そうか。
今まで、私は「見えすぎて」いたんだなあ…。

見えすぎると疲れちゃうのって、
何もコンタクトやメガネに限ったことではなく、
例えば、見えなくてもいいものが見えちゃうことって
あるよね?
その結果、悩んだり、不快に思ったり、辛く感じたり…。

それって「見えすぎちゃってる」からなのかもしれない。

子供の頃は、両目いっぱいに見開いて
色々なものを見て、たくさん吸収していけば
いいのだけれど、
大人になったら、薄目を開けてみたり
片目だけつぶってみせたり、
そんな風に物事を見ることも
時には必要なのかもしれない。

心に
少しだけ度の弱いメガネをかけて
外を歩いてみませんか?
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

14:59  |  所感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。