スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007.04/16(Mon)

「待つ」というドラマ

子供が小学校へ入学して、早一週間。
今日から、子供の送り迎えをやめることにした。

自宅から少しだけ坂道を歩いて、お友達の家の前へ。
娘は今日、ドキドキしながら、お友達から家から出てくるのを
待っていたんだろうなあ……。

ドキドキしながら、人を待つ。
そんなことが少なくなった。
見知らぬ相手との出会いが
少なくなったせいもあるが(笑)
やはり、携帯の普及が大きいのだと思う。

待ち合わせの場所、間違えたかな?
時間を聞き間違えたかな?

携帯があれば、すぐ連絡を取ることができる。
行きたくなければ、「ごめん、用事ができて…」なんて
相手の顔を見ることもなく
平気でうそもつける。
たしかに、携帯で連絡すれば
時間を「合理的に」使える。

でも、ずっと相手を信じて待ち続け
申し訳なさそうに走ってきた、その人を見た時の
うれしさとか
場所を間違えたんじゃないかと思って
見当をつけて行ってみたところに
思ったとおり相手がいた時の
ホッとした気持ちとか

きっともう
二度と味わえないんだろうなあと思うと
少し寂しい気がした。
スポンサーサイト

テーマ : 今日のつぶやき。 - ジャンル : 日記

11:48  |  所感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。