スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007.02/03(Sat)

言ってないよ?!

明日は、愛知県知事選挙
取り立てて注目もされていなかったこの選挙が、
俄然クローズアップされているのは
やはり柳沢厚生労働相の"失言"からきているのだろう。(;´∀`)

女性は子供を産む機械だ」という言葉について
マスコミや女性議員などから非難を浴びているようだが
柳沢氏は、本当に「女性は子供を産む機械だ」と言ったのだろうか?

事の発端は、松江市で行われた
自民党県議の後援会の集会での発言。
その時言われた内容の要旨をまとめたものが
なかなか見つからなかった。

かろうじてあったのが、スポーツ報知のこれ

<柳沢厚生労働相発言要旨> 
なかなか今の女性は一生の間にたくさん子どもを産んでくれない。
人口統計学では、女性は15~50歳が出産する年齢で、
その数を勘定すると大体分かる。ほかからは生まれようがない。
産む機械と言ってはなんだが、装置の数が決まったとなると、
機械と言っては申し訳ないが、機械と言ってごめんなさいね、
あとは産む役目の人が1人頭で頑張ってもらうしかない。
(女性)1人当たりどのぐらい産んでくれるかという
合計特殊出生率が今、日本では1.26。
2055年まで推計したら、くしくも同じ1.26だった。
それを上げなければいけない。


この発言のどこに、「女性は子供を産む機械だ」という
言葉が使われているだろうか?
たしかに女性を「子供を産む機械」「装置」といった
表現で表している箇所はある。
でも、これは人口統計学を分かりやすく説明するため

妊娠可能な子宮や卵巣を持った女性の数は限られている

ということを言いたかったのでは?(;´Д`)
人間の身体の器官を「機械」や「装置」に例えるということは
よくある話だ。
例えば「心臓は体中に血液を送るポンプの役目をしている」
とかね。

適切な表現ができていなかったという点では、
柳沢氏は批判を甘んじて受け止めなければならないだろう。
しかし、発言全体を読んでみると、現在女性議員や野党が
目くじら立てて罵声を浴びせるほどの悪意は見られないのだが。

「女性は子供を産む機械だ」という、切り取られた発言だけを見れば
"女は、子供を産むためだけに存在してるんじゃないぞ!"って
怒り狂う女性は多いことだろう。(もちろん私だって)
でも柳沢氏の発言は、ずいぶんとねじ曲げられて報道されて
いるのではないだろうか?

つい最近「納豆……」で、マスメディアの言うことを
全部鵜呑みにしてはいけないって、苦い教訓を得たばかり
なのにね。(;´∀`)

私は別に自民党支持者ではないんだけれど
この発言でグダグダ言う前に、
国会議員さんは
しなくちゃいけないことが
まだまだたくさんあるんじゃないの?( `д´)
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと - ジャンル : 日記

15:10  |  所感  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。