スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2006.10/31(Tue)

大切なのは…

最近、「いじめ」を苦にして自殺する中~高校生達のニュースが、多く報道されている。

いじめられた内容をいくつか新聞で読んだ。
「私の時代にも、こんないじめって、あったよなあ…」
っていうのが、率直な感想。

誤解を恐れずに書くと

仲間はずれにされたくらいで、自殺しちゃうの?

って思ってしまう。

もちろん、仲間はずれは辛い。
集団で競技する部活では、あからさまにそれが見えてしまう。

でも、自殺する前に「その部活をやめる」って選択肢は考えないの?

クラスで仲間はずれにされるのも、辛いことだろう。
机に落書きされたり、お昼のお弁当が一人きりだったり、上履きを取られたり…。

でも、自殺する前に「その学校へ行くのをやめる」って選択肢は考えないの?

私自身、幼い頃、転校が多かったこともあり、今考えると「いじめ」に近いような仕打ちを受けた記憶がある。

でも、無視していれば、いつの間にか相手は興味を失って相手にしなくなったし、こっそり助けてくれる友達もいた。

そして、何より勇気づけられたのは、私の母親の言葉。

「いやになったら、帰っておいで」

多分、幼い頃、遊んでいて私だけ仲間はずれにされていた現場を私の母親は見ていたのかも知れない。
いやになったら、つまらなくなったら、すぐに家へ帰ってきていいからと、いつも言ってくれた。

もし、私の娘がいじめに遭って、学校へ通っている限り、その辛さから逃れられないのなら、私も同じように言いたい。

「いやになったら、帰っておいで」と。

勉強は、その学校へ行かなくたってできる。
いじめる友達と無理に付き合う必要なんて無い。

大切なのは、あなたの、あなた達の「いのち」なんだから…。
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

12:11  |  所感  |  TB(0)  |  CM(10)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。