スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2006.10/06(Fri)

風邪の治し方

先週、ひどい風邪をひいた。

風邪がひどくなると、いつも後悔する。

外出して家へ戻ったら、うがい・手洗いをちゃんとすればよかった。

寝るとき、首にタオルを巻いて、喉を温めておけばよかった。

などなど。

よっぽど耐えられないとき以外、いわゆる「総合かぜ薬」というものは飲まない!
だって、あれ飲むと、すごく眠くなって何もしたくなくなるから。(;´Д`)

「何か、風邪のいい治し方ないかなあ…」
熱でボケボケになった頭で、ネット検索してみた。
そんなことせずに寝た方が早く治るのでは?という、きわめて真っ当な考え方すら思い浮かばなかった(笑)。

色々あった…のだが、何だかみんな不味そう。(;´Д`)
日本に古来から伝わる治し方と、世界の風邪の治し方が載っていた。
が、世界の風邪の治し方で飲むものより日本の風邪の治し方で飲むものの方が、圧倒的に不味そうなのは何故?(;・∀・)

だってさぁ

熱のある風邪にミミズの煎じ汁なんて、無理だよ!

のどの痛みに赤トンボの黒焼きをって、赤トンボを獲る気力、ないっス(泣)。

ホントに、劇的に効くとしても、遠慮したいです。(;´∀`)

結局、解熱剤と「麦門冬湯」という漢方で、何とか乗り切りました。

みなさん、どうしても風邪を治したいと思ったら、ミミズの煎じ汁、飲みますか?
ちなみに、1日分の量は3匹くらいだそうです(笑)。


※参考URL:Webviderの「風邪の谷の直弼」より
スポンサーサイト

テーマ : 独り言 - ジャンル : 日記

16:59  |  所感  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。