スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2006.08/30(Wed)

「未来は霧の中に」?

8月28日付のYOMIURI ONLINE

1960年に科学技術庁(当時)が予測した21世紀初頭の技術135項目のうち、実現したのは54項目と4割にとどまることが分かったそうだ。

この記事のニュアンスは、「たった4割?」って感じなのだが、私は4割も実現してすごい!と思っている。(;´∀`)

実現したのは

・携帯電話
・高周波調理器(電子レンジ)
・人工授精・精子の永久保存 など。

逆に実現しなかったのは

・月への拠点となる「地球空港」の洋上設置
・主婦がテープレコーダーに吹き込むとその家事をこなす電子お手伝いさん
・5か月程度で子どもを産み、後は人工子宮に任せる
・老化防止のための人工冬眠
・モノレールが都市の輸送手段の主流となり地下鉄は消滅、「21世紀には地下鉄通りの名前だけが残る」との予測 など。


みんな、すごいこと、考えていたんだなあ…。(;・∀・)


宇宙開発が盛んに行われ、主婦の仕事はみんな電子お手伝いさんへ。
妊娠中の煩わしさは5ヶ月でOK。
人口冬眠で、いつまでもエイジレス。
マンガで見るような、都市を無尽に走るモノレール…。

夢があったんだよねえ… 1960年のみんな。
しかも、頑張って4割も実現して。

今、「果たせなかった夢」を叶えようという力が、私達に残っているのかな?

タイトルにつけた「未来は霧の中に」は、松任谷由実の歌。

"科学も夢を見てた"頃、「私」は九つ まだ未来は霧の中。
月日は流れ、月を歩いている飛行士をTVで見たとき、「私」は十三。
初恋を無くして、もう恋はみんな同じ…。
そのうち誰かが火星に降りても、もう驚かないでしょう。


こんな内容の歌詞だったと思うんだけれど。

「何でもできる」と思っていた未来に、少しずつ限界を感じたり、先が見えてきたような気がする今日この頃。

あなたの未来は、まだ「霧の中」ですか?
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと - ジャンル : 日記

20:09  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。