スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2006.08/20(Sun)

魔法が解けたら…

TVでプチ整形の特集をしていた。
登場したのは、子供を4人産んで胸がぺちゃんこになったママと、好きな人に「もっと鼻が高かったら可愛いのにね」と言われ、コンプレックスの固まりになってしまった女の子。

整形するのに使われたのは、ヒアルロン酸というものだった。
これを注射すれば、メスで身体を切り刻むこともないし、術後の腫れなどもあまり気にならないとか。
たしか、シワにも効果があるのよねえ、これ。(;´∀`)

しかし、これには大きな短所がある。
この効果、永久的ではないのだ。(;´Д`)
ヒアルロン酸はいつか身体に吸収されてしまうので、胸の場合、短いと1ヶ月程度。
これじゃあ、ホントに「プチ」な整形だ。

で、TVに出演していた2人の女性。
胸に何本も注射した女性は、帰りに大きくなった胸用の下着を買って、家族へうれしそうに見せていた。
鼻や顎にヒアルロン酸を注入して形良くした女性は、好きな男性に告白し、うまくはぐらかされてしまったようだが、それでも満足そうだった。

二人とも、コンプレックスを克服できて、とてもうれしそうだった。

コンプレックスを克服?

しばらくしたら、元に戻っちゃうよ。(;´Д`)

そうしたら、どうするの?

少しずつ解けていく魔法に震えおののきながら、高価なヒアルロン酸を注入し続けるのか、それとも永遠に魔法が解けないような手術を受けるのか…。

いつか元に戻っちゃうプチ整形って、一体何のためにあるんだろうね?
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

10:08  |  所感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。