スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2006.07/26(Wed)

金曜日、広島へ…

明後日の金曜日、実家のある広島へ帰省します。
本当は木曜日の予定だったのが、なぜ1日延びたのか…。

冷蔵庫の中の物がなくならないから。(;・∀・)

この前の日曜日、スーパーで安売りしている品物を見て、ついつい帰省することを忘れて買ってしまった私。
家へ戻ってから激しく後悔したが、「まあ、3日もあれば何とかなるだろう」とタカをくくっていた。

月曜日
急に「サンリオピューロランド」へ行くことになる。
割引入場料の関係で、夕方行った私達。
夕食も必然的に外食
買った材料を使うことはできなかった。orz

火曜日
急に「ママ友達からのお誘い
昼は彼女の家で食べたので、買った材料を使うことはできず…。orz
夜は、私が激しく疲れていたせいか、おかずの量も少なく、買った材料はなかなかなくならない。
しかも、月曜日から夏休みに入っていた主人は、昼に自分で冷蔵庫の中の物を使って何か作るなんてやってくれるはずがない(泣)。
ヤツは、非常食として貴重な「冷凍食品」で昼を済ませやがったていた。

水曜日
そんなぁ、1日で冷蔵庫の中の物、全部使い切れないよぉ。(;´Д`)

ということで、金曜日に帰省することになったのです。

それでも、今日、だいぶ料理しました。

1/4ほど残ったキャベツ
シーチキン・醤油を使って煮物風に。

きゅうり1本とミョウガ&しそ
かつおぶし・梅干し・ごま油にミョウガとしそを混ぜ、たたききゅうりの上にのせる。

魚肉ソーセージとワンタンの皮、しそ
魚肉ソーセージを細かく切り、しそと混ぜ、ワンタンの皮で包んでフライに。

なす
縦にスライスして、両面をフライパンで焼く。
その上に、かつおぶし・マヨネーズ・しょうゆで味付けしたソースを塗って、オーブントースターで焼く。

ふぅ、疲れた…。

でもこれで、冷蔵庫の中身、なす3本とトマト2個だけになりました!(;・∀・)

これなら明日、全部使い切れそうです。

金曜日、心おきなく広島へ行けます!

明日くらいにはもう梅雨明けするらしい、連日気温30度を超えている(と、私の母が言っていました)クソ暑い広島へ…。(;´Д`)


P.S  ということで、広島滞在中、ブログはお休みします。
携帯で更新しようかとも思ったのですが、うまくできるかどうか全く自信がないので、休むことにします(笑)。
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと - ジャンル : 日記

20:38  |  料理  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑

2006.07/23(Sun)

可哀想な先生達(ノД`)

Sankei Webに載っていた記事。
今、教師に無理難題を言う、理不尽な親が増えているらしい。(ノД`)

例として
●持ち込み禁止の携帯電話を生徒から取り上げた中学教師に「基本料金を日割りで払え」という親。

●幼稚園で、おもちゃを取り合う園児を見て「取り合うようなおもちゃを置かないでほしい」と申し入れた親。

●小学校の1学年全クラスの担任配置表を独自に作成し、「この通りでなければ子供を学校に行かせない」と要求した親。

などを挙げていた。

あの~ 信じられないんですけど…。(゚Д゚ )

こういうケースが各地で急増しているそうで、全国の公立小中学校で精神性疾患による教職員の休職者は一昨年度、病気休職者の半分以上を占めたそうな。
10年前のほぼ3倍だというから、先生方がどれだけ苦労されているかということが、想像できる。

記事によると、親による先生への要求態度について、
1.子供の言い分をうのみにする溺愛型

2.教師の困った様子を見て満足する欲求不満解消型

3.利得追求型

などがあるとしている。

が、この中の2.と3. 親という前に人間としてちょっとマズイのではないか?(;´Д`)

先生に対する親の態度って、いつからこんな風になっちゃったんだろう?
私が思うに、いつの頃からか、先生と生徒がとてもフレンドリーになってしまって、その時の生徒が親になってからも、先生に対してフレンドリーを通り越し、常識はずれなわがままを通そうとしている結果がこうなったのではなかろうか?

記事では、「行政による『開かれた学校』がうたわれた結果、些細なことにもクレームが寄せられるようになった」とも指摘している。

先生と生徒、そして親の間に昔はあった垣根のようなものが、悪い意味でとっぱらわれてしまったことから、このような状況になっているのだろうか?(ノД`)

「学校に無理な要求をする保護者は皆何らかの問題を抱えている。その解決のために学校と話したいという意思表示と考えるべきだ」

と、記事には書いてあったが、学校をとっくの昔に卒業した「元・生徒」の面倒まで先生が見なければならないとは…。

学校の先生になりたい人が年々減っている理由が、何となく分かったような気がする。
(;´Д`)

テーマ : ひとりごと - ジャンル : 日記

07:52  |  所感  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2006.07/19(Wed)

「母親になる」ということ

秋田の児童殺害事件、畠山容疑者は、自分の子供も殺していたらしい。(ノД`)
秋田県警の捜査がちゃんとされていなかったのではないかということで、批判が集まっているようだ。

なぜ、秋田県警は彩香ちゃんの事件を最初に「事故」の方向で捜査してしまったのだろう?

自分の子供を探してくれとやってきた母親が子供を殺すはずがないという固定観念が頭のどこかにあったからではないだろうか?

母親になる」とはどういうことだろう?

子供を産めば、もう母親?

私は、断じて違うと思う!

それは、私が子供を産んだときに実感したのだ。
子供を産むまで、私は「子供を産んだら、もう私は母親なんだ」と思いこんでいた。
子供を愛おしく思い、子供のためならどんなことでも厭わない「母親になれるんだ」と思っていた。

子供を産んだ翌日、私は昨日と全く変わらない「私」だった。(;´∀`)
3時間おきに泣く子供におっぱいをあげるのも、泣きやむまでずっと抱っこしていたのも、全てが子供への愛情だけでできたものではなかったと、今思う。
「子供を産んだんだから、やらなくちゃいけない」という義務感もあったような気がする。

でも、そんな愛情と義務感が混じった気持ちで子供を育てるうちに、少しずつ「母親としての自覚」が芽生えてくるのではないだろうか?

ボーヴォワールの有名な格言に「人は女に生まれない。女になるのだ」というものがあるが、これと少し似ているような気がする。

子供を産んだからといって、母親が"誕生する"わけではない。
少しずつ母親になっていくのだ。
私は、そんな風に思っている。

辛くても、面倒でも、子供の世話をし、子供に愛情を与える。
この過程がなければ、子供を産んでも、その女性は本当の意味での「母親」にはなれないのではないか?

そういう意味で、畠山容疑者は「母親」ではなかったんだと思う。
彩香ちゃんにとっては、唯一無二の「母親」であったとしても…。

テーマ : ひとりごと - ジャンル : 日記

19:59  |  所感  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2006.07/18(Tue)

僧侶求む

ちょっと前の求人広告なんだけれど、何だかひっかかるものがあるので、とっておいていました(笑)。

これです。(;・∀・)

20060718055009.jpg


ヤル気・ガッツ」さえあれば、僧侶になれるのでしょうか?(;´∀`)

試用期間=修行期間となっているところも、なんとなく笑えます。

実は、「僧侶になるには」っていうのでググってみたのですが、結構お寺さんのHPが多いのに驚かされました。
また、僧侶になるための「覚悟」みたいなものをしっかりと書かれているところが多く、私には到底僧侶(じゃなくて尼か?)になれないであろうことを実感しました。(;´Д`)

だから、余計にこの求人広告に違和感を覚えるんですよねえ…。

テーマ : ひとりごと - ジャンル : 日記

06:14  |  所感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2006.07/16(Sun)

健康雑誌の行方(笑)

健康雑誌というのは、どうもみんな似たような日に一斉発売するようだ。
昨日の新聞に3誌ほど、健康雑誌の広告が掲載されていた。
知っている人は知っている(笑) Y誌・S誌・W誌である。

Y誌。
以前、「美肌水」なるもので、一世を風靡した。
私も材料を買い込み、せっせと作ったものだ。
しかし、私の場合、効果は…
良くもなく悪くもなくといった感じ。
いつの間にか使うことのなくなった、美肌水。
余った材料の尿素、処分するのに苦労しました。(;´∀`)
(ガーデニングで少しずつ使い、何とかなくした)

そのY誌の広告。

最強の開運習慣 トイレ掃除

トイレ掃除をして2週間で宝くじが当選したらしい。

え?何、これ?

心の健康ってやつ?(;・∀・)

次、行きます(笑)。

最強の幸せ言葉 ありがとう

この言葉で人間関係が円滑になるというのは分かる。
でも、水が美しく結晶し、ガン改善

まぁ、「トイレ掃除」も「ありがとう」も、高価な壺を買うよりは、ずっといいことだと思うけどね。(;´∀`)

私が気になるのは… やっぱりこれかな?

開運Yブラ選び (;・∀・)

恋も仕事も対人関係も大好転!なりたい自分になれる!」ブラって、どんなブラ?

すっごい色気のないスポーツブラとかだったらどうする?(;´∀`)

美肌水の時みたいに流行っちゃって、老いも若きも女性はみんなスポーツブラ。

男性は、がっかりね(笑)。

テーマ : ひとりごと - ジャンル : 日記

10:42  |  所感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2006.07/12(Wed)

病院へ行ってきました (;´∀`)

昨日は、たかが「魚の骨が喉に刺さった」くらいで色々心配していただき、ありがとうございました。(;´∀`)

みなさんのコメントを読み、「やはり病院へ行った方がいいのだろうか…」と、簡単に考えを変えてしまった私(笑)。

近所に耳鼻科がなかったので、いやがる主人に無理矢理頼みこみ、車で病院まで連れて行ってもらいました。

その病院は、以前、娘が中耳炎になったときに連れて行ったことがあったのですが、何故かとても空いている病院なのです。(;´∀`)
だから、病院へ着いてものの5分も経たないうちに名前を呼ばれ、心の準備もできないまま、診察室へ。

そこの耳鼻科の先生は、病院の先生にしては結構若く、そのご尊顔はマスクから上しか拝見できないけれど、結構男前なのではないかと推測される感じ。
待合室に貼ってある先生の経歴によると、どうも元慶応ボーイのよう(笑)。

そんな先生が、カルテを見て、困った様子。
「う~ん、魚の骨ですか…。」

そして、大きな椅子に寝そべった私は、元慶応ボーイの前ですっごくお間抜けな顔をしなければならなかった。orz

先生「舌をべーってして、え~っと声を出してください。」

私「え~~~~~

この声、ガラガラの待合室に丸聞こえだったことでしょう。(ノД`)
しかも、まわりにいる看護師の若い女の子達。
チラチラと私の方を見ていたような気がします…。

先生「う~ん、見つからないですねえ。あったとしても大きな骨じゃないようですし、自然に抜け落ちますよ。痛くはないんでしょ?」

私「ええ、痛くはないんです!(ここで痛いなんて言ったら、鼻からファイバースコープを入れられてしまう!)」

先生「じゃあ、もう少し様子を見ましょう。」

おそらく、診察時間はものの10分もかからなかったんじゃないでしょうか。
10分で、骨も取れずに900円
安心料だと思えば安いものです。(;´∀`)

家に戻っても、まだしつこく魚の骨を取る方法をネットで探していた私。
某グラビアアイドルのブログで、おもしろい方法を発見!

骨が刺さっている側の反対に顔を向けて、肩をなめてみる

なんじゃ、こりゃ?
まぁ、割り箸を喉につっこむより害はなさそうなので、やってみました。

その時は、骨は取れなかったんだけれど、その後、骨が刺さっている側の反対に顔を向けてうたたねをしたら…

起きたとき…

骨が…

気にならないような…。(;・∀・)

主人にこのことを話したら、絶対に「だから、あと一日待てって言っただろ!」って言われるので、しばらく骨が刺さったままということにしておきます(笑)。

みなさんも、魚の骨が喉に刺さったら、「骨が刺さっている側の反対に顔を向けて、肩をなめてみる」やってみてくださいね!(;´∀`)

テーマ : 今日の出来事 - ジャンル : 日記

20:04  |  所感  |  TB(0)  |  CM(10)  |  EDIT  |  Top↑

2006.07/11(Tue)

私の悩み

昨晩から、悩んでいることがある。

恋の悩み? ノンノン
ご主人のこと? ノンノン
お子さんのこと? ノンノン
ムーミンのGFは? ノンノン(古っ!)(;´∀`)

実は、昨晩から鮭の骨が喉に刺さって取れないのだ!(ノД`)

自分で出来そうなことは、もうすべてやり尽くしたような気がする。

ご飯の丸呑み(ホントはしないほうがいいらしいんだけれど)
とにかく何か水気のものを飲む(もうお腹がチャポンチャポン…)
バナナの丸呑み(もちろん1本丸呑みじゃないです 笑)
ガムを噛んで、それを骨のありそうなところへくっつけてみる
(吐き気をもよおし、断念)
割り箸に脱脂綿を巻き付け、骨のありそうなところで1回転させる
(出てくるのは骨ではなく、吐き気だけでした…)
とにかく、うがいする
(これもそのうち吐き気が…)

これだけやっても、魚の骨は取れない。(ノД`)
やはり耳鼻科へ行くべきか…。

でも、ネットで恐ろしいことを知ってしまったのだ。(;´Д`)

肉眼でも骨を見つけることができなければ、
鼻からファイバースコープを入れて、骨を探すらしい…。

え~、そんなのいやだ!(泣)

何とかして、痛みに弱い自分に都合の良い記事を探すこと、しばし…。

ええと、見つけました。(;・∀・)

よほど太い骨でない限り、自然と骨は溶けるらしいです。

別に骨がチクチクして喉が痛むというほどではないし、もう少し様子を見てみます。(;´∀`)

取れぬなら 溶けるまで待とう
魚の骨
(字あまり)

テーマ : ひとりごと - ジャンル : 日記

19:46  |  所感  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑

2006.07/08(Sat)

七夕

昨日は七夕
でも、全国的に天気が悪かったから、織り姫と彦星が逢っているところを見た人は少なかったはず。(;´∀`)

昔は児童館から笹の葉をもらってきて、子供と一緒に七夕の飾り付けをしたこともあったんだけれど、今は幼稚園内でやってしまうので、我が家ではもう何もしていない(笑)。

が、娘は、そんなロマンのかけらもない親のDNAを受け継がなかったのか(;´∀`)折り紙を使って、一人で黙々と何かを作り始めた。

20060708114401.jpg


アップ

20060708115244.jpg


子供って、おもしろいよね。
字の大きさの配分とか、全く考えないで書いてるし。(;´∀`)
(書く向きもバラバラだし…)
ちなみに、上の方に付いている水色のやつは「ロケット」なんだって(笑)。

夜、寝る前、娘に聞かれた。

お母さん、織り姫と彦星は逢えたのかなあ…。

昨日の東京の天気は、生憎の曇り空。
夜になっても、星一つ見ることができなかった。

今日は曇っているから、織り姫はさっさとあきらめて、来年に備えているんじゃないの?

もちろん、冗談のつもりだった。
(隣で聞いていた主人なんて、「まるでお母さんみたいだね」と笑っていたし…)
でも…
子供の顔がみるみるうちに曇って、今にも泣き出しそうになってしまったのだ!
不用意な一言で、子供の心を傷つけてしまった。(ノД`)

慌てて私は言い直した。

きっと、ちぃちゃんが寝ている間に空が晴れて、織り姫と彦星は逢うことができるよ!

そう言うと、娘はニコっと笑って、安心して眠りについた。

彼女の夢の中で、織り姫と彦星は逢えたのかなあ…。(´∀`)

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

12:19  |  子供  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2006.07/07(Fri)

モチベーション

先日、サッカーの中田英寿選手が引退を発表した。
私は、サッカーに関して全然詳しくないので、彼の引退是非について詳しく述べることはできない。

が、引退発表当日に放送された「報道ステーション」が心に残った。

その時のコメンテーターは、元プロテニスプレーヤー松岡修造
彼自身も「引退」を経験しているわけだし、周りで引退した選手を何名も見ているはずだ。

まず松岡氏は、中田選手の引退を「もったいない」と言っていた。

だがその後に「スポーツ選手は、”モチベーション"が低下してしまったら、その時が引退の時期かもしれない」とも言っていた。

松岡氏自身、試合で負けても全然悔しさを感じなくなった自分に気づき、引退を決意したらしい。
まだ体力的には十分選手として通用できても、気持ちが萎えてしまったら、もうダメだということなのだろう。

モチベーション…。
一時期、流行語にもなったこの言葉。
本来の意味は、意欲を高めるもととなる「動機付け」だが,スポーツや仕事の分野では、「意欲」そのものを指して用いられることも多いとか。

スポーツや仕事以外でも、この言葉、使っていいのかな?(;・∀・)

例えば
だらしない格好で、地べたにお尻を付けて談笑する女子高生達。
肉体的には、もちろん「若い女性」なのだろうけれど、「女としてのモチベーションが低下している」とか(笑)。

逆に、70歳を過ぎていても、凛とした美しさを保った女性は、「女としてのモチベーションを維持し続けている」とか。

「モチベーションがなくなったら、引退の時期だよ」っていうのは、何もスポーツ界だけの話ではなさそうです。(;´∀`)

さて、最近いやでも毎日目にしてしまう暗いニュース。

こういうのって、
人間が人間らしく生きていくモチベーションが低下しているんじゃないの?(;´Д`)

そんな風になっちゃったら、もう「人間引退」ですよ!

松岡氏の発言から、色々なことを考えてしまった私でした。


P.S 最近、ブログ更新の「モチベーション」が低下している私(笑)。
どうかお許しを…。

テーマ : ひとりごと - ジャンル : 日記

05:54  |  所感  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2006.07/04(Tue)

夏が来れば思い出すぅ ♪

夏が来ると思い出すもの。
人によって色々あるだろう。
花火 朝顔 蚊取り線香(←もう知らない世代もあったりして?!)etc..

この後は、食事中の人など、あまり読まない方がいいかも。
書いている私自身、少々気分が悪くなりましたので…。(;´∀`)

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

06:22  |  所感  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2006.07/02(Sun)

ウルトラマン

昨日、子供にせがまれて、近所の小さなプラネタリウムへ行った。

心地よい空調とふかふかの椅子。
真っ暗な夜空に浮かぶ、満天の星。
BGMは、癒し系のメロディー。
解説してくれる男性の声も穏やか。

そんな素敵な一時は、30分で終わった…。

残りの30分は、何故かウルトラマン。(;・∀・)

ドーム内は、一応星もまだ映っているけれど、デカデカとバルタン星人が…。

バルタン星人は、まだ知っているから良かったけれど。

ウルトラマンティガとか、ウルトラマンガイアとか、知らないよぉ。(;´Д`)

私が何となく覚えているのは、ウルトラセブンウルトラマンタロウウルトラマンレオくらいかな?

仮面ライダーシリーズでも○○ジャーシリーズでもそうなんだけれど、いつの間にか似たような奴らが増えているのよね(笑)。
ストーリーや外見に多少の変化があっても、根本的なところは変わっていない。
子供の求めるヒーロー像は不変だということなんだろうか?

そんなことを考えながら、ウルトラマンの話を見ていたら、ふと思い出した。

私の旧姓の響きがにていることから、昔、ピグモンと呼ばれていたことを。
(;・∀・)

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

12:44  |  所感  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。