スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2006.06/06(Tue)

Re:の功罪

携帯でもパソコンでも、誰かにメールを書くとき、タイトルって考えますか?

私は、一応考えて書いています。
たとえ、タイトルが「おはようございます」とか「yokoyokoです」とか、ありきたりであっても、それは考えた結果、書いたものです(笑)。

で、相手からの返事で、タイトルが「Re:おはようございます」「Re:yokoyokoです」だったとき…。
まぁ、1回目のやりとりだったら、それほど気にしないんだけれど。
タイトル考える時間がなかったのかもしれないし、少しでも早く返事を書いてあげようという親切心からかもしれないし。
あと、ビジネス用のメールだったら、かえって「Re:~」の方が、何に対しての返事なのか分かりやすいしね。(;´∀`)

2回目のメールのやりとり。
たとえば私のメールのタイトル。
何も思いつかなくて、考えた末の「今日は蒸し暑いですね」
そして、返事のタイトルは、またしても「Re:今日は蒸し暑いですね」
こんなことが、3回目以降も続いていく…。

もしかして、あなた、楽してる?(;・∀・)

どうも、こういうのは、あまり好きではないのよねえ…。
何だか、自分のことをぞんざいに扱われているような気がして。
こんな風に思うのは、私だけ?

一度、「Re:~」のタイトルに私もReで返して、Reがどこまで続くか試してみたい衝動に駆られるんだけれど(笑) 勇気が無くてできません。(;´∀`)
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと - ジャンル : 日記

10:53  |  所感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。