スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2006.06/30(Fri)

あなたの「パスワード」は…

私が日頃愛読させていただいているGIGAZINEに、またまた興味深い記事が載っていた。
タイトルは、「よく使われるパスワードトップ10
とはいっても、場所はイギリスでですが。(;´∀`)

10位からの発表です。

10. 'thomas' (0.99‰)
トーマスって、もしかして「機関車トーマス」のこと?(;・∀・)
それともイギリスには、トーマスって名前の人が多いのかな?

9. 'arsenal' (1.11‰)
ええと、イギリスのフットボールチームの名前?

8. 'monkey' (1.33‰)
「猿」ですか…

7. 'charlie' (1.39‰)
チャーリー イギリスで多い名前なのかな?

6. 'qwerty' (1.41‰)
これ、キーボードの左上列の左から右へ6キーだよね?
こんなんでいいわけ?(;´Д`)

5. '123456' (1.63‰)
もう何も言えない…。

4. 'letmein' (1.76‰)
3. 'liverpool' (1.82‰)
二つとも地名のようである。
イギリス人は、地名を考えるとき、この2つを思い浮かべやすいのか?

2. 'password' (3.780‰)
1. '123' (3.784‰)

えー、なに、これ?ヽ(゚Д゚)ノ
こんなの、パスワードにしちゃっていいわけ?

と、つい叫びそうになったそこのあなた。
あなたのパスワードは大丈夫ですか?

パスワードチェッカーで、自分のパスワードの強度を調べてみてください。

私が色々な場所で使っているパスワード

 でしたから。(;・∀・)


参考URL:よく使われるパスワードトップ10
スポンサーサイト

テーマ : ああぁぁぁヽ(´д`;)ノぁぁぁああ! - ジャンル : 日記

14:33  |  所感  |  TB(0)  |  CM(10)  |  EDIT  |  Top↑

2006.06/28(Wed)

結婚指輪

またまた読売新聞の記事からで申し訳ないが、巨人は嫌いだけれど、読売新聞は好きなものですから…。(;´∀`)

今日の読売新聞の「生活ふぉーらむ」という記事は、"ふだん、結婚指輪をしていますか?"というテーマについて書かれていた。

60%が「家事や仕事に邪魔」との理由で指輪をしていないらしい。
反対に「愛情確認の象徴として」指輪をしている人は、わずか6%。(;・∀・)

ちなみに我が家の場合、主人は「実験などの時に邪魔だから」という理由で指輪はしておらず、私は何となく惰性(笑)で指輪をしている。

今日の新聞の記事を読んで、私も左手の薬指に指輪をするのはやめようかなあと思った。
もっと、洒落たダイヤのついたものとか、デザインが凝っているブランド物の指輪ならともかく、この結婚指輪は、結婚式で指輪の交換があるから「仕方なく」買ったようなもの(笑)。
婚約指輪にはお金をかけても、結婚指輪にはあまりお金をかけないカップルって、結構多いんじゃないだろうか?(;・∀・)

しかし、これだけ結婚指輪をしていない人がいると、会社などで「あら、あの人、素敵!」とか思っても、相手が独身か既婚かを一目で見分けるのが難しそう(笑)。

でも、ホステスさんがいるような飲み屋では、既婚者の方がモテるということで、結婚指輪をする男性が多いって聞いたことがあるから、気になる男性がいたら、そういう場所でチェックしてみては?(;´∀`)

テーマ : ひとりごと - ジャンル : 日記

10:17  |  所感  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑

2006.06/26(Mon)

同情するなら…

今朝の読売新聞に「大豆ペプチド健康フォーラム」が実施したネット調査の結果が書いてあった。

調査の内容は、働く男女の「疲れ」に関するものだったが、まず目に付いたのはこれ(笑)。

サラリーマン・働く女性の6割が「夫(妻)が疲れの原因」と考えている

う~ん、まぁ、そうだろうなあ。(;´∀`)

「家庭でも疲れを感じる」人は、76%
「原因は妻である」と考える男性66%、「原因は夫である」と考える女性61%

すでに家庭は、働く夫婦にとって居心地の良い場所でなくなっているというわけか…。

男女関係なく、疲れの原因は夫(妻)であると思っている夫婦だが(笑) 疲れたときにかけてもらいたい言葉は、男女差が出ているようである。

男性が妻にかけてもらいたい言葉
「無理しないでね」45%
「お疲れさま」33%
「からだ大丈夫?」29%

対して女性は
「ご飯作ってあげようか?」43%
「肩揉もうか?」
「マッサージしようか?」40%
「休んだ方がいいよ」32%


専業主婦も「働く女性」という観点から(しかも年中無休!)我が家における私の感想を述べると…。

女性第一位「ご飯作ってあげようか?
こんなこと言われたって、ちっともうれしくない!(;´Д`)
どうせ、たいした物は作れないだろうし、調味料はどこだ?とか、この材料はどこだ?とか聞かれて、結局一緒に台所へ立つことになるだろう。
しかも、「ここ、ちゃんと掃除してる?」とか、いらんところをチェックされそうだし。(;・∀・)
で、食べ終わった後、きっと片付けは私。
料理ってのはね、片付けまでちゃんとやってこそ、料理なんだぞ!( `д´)

まぁ、男性の場合、自分の仕事を妻にやってもらうことができないから、「気遣い」の言葉がうれしいんだろうね。(;´∀`)
でも、女性はそんなこと言われたって「どうせ、口先ばかりなんだから…」って思うだけだろうけど(笑)。

一昔前、TVのドラマで「同情するなら金をくれ!」ってセリフが流行ったけれど、妻の場合、さしずめ

同情するなら、肩を揉め!

って、ところかな?(;・∀・)

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

14:47  |  所感  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2006.06/24(Sat)

「健康法」そうだったのか… (;・∀・)

昨日、ネットで興味深い記事を見つけてしまった。
「巷にはびこる『健康情報』50のウソ・ホント」というものである。

雑誌やTVで、神話のように語り継がれていく「健康法」。
私もそれに踊らされている一人である。(;´∀`)
そんな私の「常識」をこの記事ではバッサバッサと切り捨てているので、いくつかご紹介したい。

水をたくさん飲むと健康に良い
よくモデルさんとかがやっている、アレである(笑)。
「過度の摂取によって、血中の電解質が薄まり、けいれんや不整脈の原因になります。また、余分な水分を汗や尿として排出する過程で、腎臓をはじめ、身体に負担をかけることも。」

ゲルマニウムを身につけると、 健康体になる
「ゲルマニウムが、とくに何かに効くという裏付けはありません。反対に効かないという証明もない。いずれにしろ装飾品に使う程度なら毒にも薬にもならないのでは」
私、ゲルマニウムグッズ、1つだけ持っているんですが…。 (;´∀`)

マイナスイオン家電に囲まれると、快適生活がおくれる
「マイナスイオンという言葉は商業的に作られた言葉です。科学でいう空気負イオンがもとになっているのでしょうか。しかし、マイナスイオン家電からその空気負イオンは発生するかもしれませんが、それが言われているような効能を持つとは考えられません。擁護派がひっぱってくる『マイナスイオン理論』も、仮説レベルで、実証されていません。」
これ、私の「信仰」の1つだったんだけどなあ(笑)。

モーツァルトを聴くと、免疫力アップ以外にも驚きの効能が続々
「 『 1/f(f分の1の揺らぎ)』という人間にとって心地よいリズムがあって、小川のせせらぎやクラシック音楽がそれに当てはまるとは言われています。ですから、モーツァルトの曲にも
ある程度のリラックス効果はあると思いますが、だからといってそれ以上の効果を望む
のは…」

"聴くと頭が良くなる"って言われてたから、なるべく聴くようにしてたんだけど…。 (;´Д`)

ポリフェノールは、白ワインより赤ワインに多く含まれる
「産地やブドウの種類によって、赤ワインよりもポリフェノール値が高い白ワインがあります」
知らなかった…。 orz

ニコチンガムですっきり禁煙
「ニコチンガムはタバコ以上に身体に良くない影響を与えます。使用によって、心筋梗塞が増えるという結果が出ていますので、明らかに有害です。肌に貼るニコチンパッチも同じです」
え?こんなこと、発表しちゃっていいの? (;・∀・)

玄米は白米よりすぐれている
「玄米は栄養豊富だから体に良いと盲信する人たちは、玄米の消化・吸収率の悪さをまったく無視しています。さらに玄米は精米されないため、胚芽の部分に残っている農薬などは取り除けず、注意が必要です」
胚芽の農薬のことは、全然考えていなかったなあ…。

白砂糖は体に悪い
「白砂糖は化学的に漂白しているから身体に悪いと思っている人が多いが、これは誤解。白砂糖は単に精製してきれいにしただけのもので害はありません。また黒砂糖は白砂糖と違いミネラルが含まれているという話もありますが、砂糖でミネラルを摂ろうというのはナンセンス。肥満するほどの砂糖を食べても摂取量としてはほとんど意味がありません」
そっか、気にしなくても良かったのね。(;´∀`)

酢で血液がサラサラになる
「酢の主成分である酢酸に特別な作用はありません」
酢が、身体を柔軟にする
「料理で酢に魚を浸けておくと骨まで柔らかくなることから出た俗説です」
ぞ、俗説だんたんかい…。orz

にがりで痩せる
「まったく根拠がありません。にがりを飲んで痩せるとすれば、飲みすぎてお腹をこわして痩せるというくらいの話です」
ハハハ… (;´∀`)

やや太っている人のほうが、長生きする
「これはホントです。BMI(肥満度、体重= kg=÷身長=m=の2乗)が22~25くらいの標準体重からやや重めまでの層が長生きしています。太り過ぎはもちろん痩せ過ぎも良くないようです」
おぉっ、初めて肯定的な意見が!(;・∀・)
ちなみに私は、標準体重以下でした。orz

まだまだたくさんあったのだが、一応これくらいまでで。

まぁ、いくら専門家から色々言われても、信じる人は信じるだろうし(笑) 要はやりすぎることなく、自分の道を進んでいけばいいってことじゃないのかな?(;・∀・)

*参考URL MouRa

テーマ : il||li _| ̄|○ ilil||li ハァ・・・ - ジャンル : 日記

07:08  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(10)  |  EDIT  |  Top↑

2006.06/22(Thu)

1000円ショップ

1000円ショップ みなさんの家の近くにありますか?
100円じゃないですよ!)
昨日、この1000円ショップのチラシが入っていたので、じっくり見てみた。


な~んかねえ…。
あまり買いたい物がなかった。(;´Д`)

たしかに、普通だったら1000円では買えないような物が、いくつか掲載されてはいた。
でも、なんというか、この1000円という値段設定が、中途半端なんだよなあ…。(;・∀・)

それと、品物が、もしすぐに壊れたり破けちゃったりしたら、困る物が多そう。
結構大きな物は、粗大ゴミにもなりやすいし。

しかし、一番の難点は、なんといっても1000円だったら
たくさん買えないこと!(;´∀`)

あと、衣類や電化製品だと、1000円以下で買える専門店もたくさんあるしなあ…。

ということで、私的には1000円ショップ、バツ(笑)。

もし行ったことがある人は、感想をお聞かせ下さい。(;´∀`)

テーマ : 日々の徒然 - ジャンル : 日記

10:50  |  所感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2006.06/21(Wed)

静かな戦い

やはり、このことを書かずにはいられなかった。
山口母子殺害事件のことである。

最高裁で無期懲役判決を破棄し、2審に差し戻すという判決が下された後、被害者の木村さんは、いくつかの民放番組で、自分の気持ちを述べられていた。

番組内では、あの事件の経過と、その都度木村さんがマスコミに対して訴えかけてきた自分の率直な気持ちが放映されていた。

最初の頃、TVに向けられた木村さんの顔は、本当に「」のようだった。
「とにかく犯人を死刑に」
「死刑にならなければ、自分で相手を殺す」
そんな趣旨のことを叫ばれていた。

昨日、TVに出演された木村さんは、あの時の発言を「不適切な表現で、色々な方からご批判をいただいた」と言われていた。
でも、あれが遺族の心からの叫びだったんじゃないかと、私は思う。
あの悲痛な訴えが、日本国民の心を、そして司法を動かしたのではないだろうか。

昨日は、木村さんの他に、犯人の実父も顔を隠してTV出演していた。
犯人の家族… 色々辛い目に遭われてきたのではないかと思う。
でも実父の言葉は「自分たちは何も悪いことをしていないけれど、犯人の父親だから仕方ない、謝ります」みたいな感じで、何というか、淡々とした物の言い方だった。

実の息子が死刑になるかもしれない。
それは、たとえ息子がどんなにひどいことをしたとしても、親として、とてもつらいことだと思う。
でも、あの父親からは、そんな悲痛な想いが全然伝わってこなかった。
息子を無期懲役にしたいのなら、息子のような悲惨な事件を起こした人間を「死刑以外」で、どのようにしたら更生させることができるのか、この父親は今まで必死に考えてきたのだろうか?

木村さんは、死刑という制度が本当にいいのかどうか悩み、アメリカの死刑囚に面会したことがあったと話していた。
その死刑囚は、「死刑だと宣告されたから、本当に自分のやったことを反省することができた」という趣旨のことを話されたそうだ。

死刑」という制度が、本当に正しいものかどうか、私には分からない。
ただ、遺族が、自分の愛する人を殺されたとき「死でもって償って欲しい」と感じるのは、とても自然なことではないかと思う。

昨日TV出演されていた木村さんの雰囲気は、何というか、「禅僧」のようだった。
最初は憎しみだけで生きてきた人が、色々な人の話を聞き、色々な考え方を受け止め、何か「悟り」でも開いたかのような顔。

彼の「静かな戦い」は、これからも続く…。

テーマ : ひとりごと - ジャンル : 日記

05:55  |  所感  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑

2006.06/20(Tue)

ワン切り  (;・∀・)

私の携帯には、たま~に身に覚えのない番号から電話がかかってくることがある。
が、一度もそれに出たことはない。
なぜか?

電話がかかってくることに、いつも気が付かないからである(笑)。

私は携帯をメールか、外出先での電話連絡手段くらいにしか使わないので、着信音はいつもマナーモード。(;´∀`)
その、身に覚えのない番号の電話は、大抵私が家にいる時間にかかってくるので、気が付かないうちに切れているのだ。

履歴を見ると、どうも京都からの番号。
しかも携帯からではない。

「もしかして、ちょっと耄碌してしまったじじばばが、孫の携帯だと思って、間違ってかけ続けているのかなあ…」
なんて、勝手な想像をしていた。(;´∀`)
それにしたって、この電話、もう1年近く前から続いている。

最近、とあるサイトで「ワン切り電話番号サーチ」というサイトを教えてもらった。
無料で、自分の電話にかかってくる番号をワン切りかどうか、調べてくれるのだ。
結構前からかかってきていたし、もし間違い電話だったら、今度こそ出てあげて「うちは違いますよ」って教えてあげよう。(´∀`)

ええと 075…

0758032277はワン切りの電話番号です!

がーん (゚Д゚;)

「ワン切り」だったんだ。
こういうのって、ホント、「他人事」だと思っていたのに。

みなさんも気をつけましょうね。(;´∀`)
気になる電話番号があったら、ここで調べてみてはいかがでしょうか?

テーマ : つぶやき - ジャンル : 日記

06:13  |  所感  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2006.06/19(Mon)

教えて!ダーリン(笑)

男の人って、自分の彼女や奥さんが自分より背が高いの、結構気にするのかなあ?
(;´∀`)

主人と私、実は、ほとんど背の高さが同じである。
(私の方がちょっと高いような気もするのだが、一応「同じ」ということになっている 笑)
独身時代、結構ヒールの高い靴を履いていた私も、今の主人と付き合うようになってから、スニーカーやぺたんこ靴を履くようになった。
本人は、あまりそのことを気にしていないのか、あるいは気にしていないフリをしているのか、未だに謎である。(;・∀・)
でも、気の利く嫁は、一応二人の目線を同じ高さにしているのだ(笑)。

この夏、私には密かに欲しいと思っている履き物がある。
下駄である。
それも、だたの下駄ではない。
山登りも出来る下駄なのだ(笑)。

こんな素敵な下駄を履いて、風呂敷バッグを片手に持ち、コープへお買い物…。
あぁ、絵になる私。(*´∀`)

だが、この下駄には1つ問題があった。
かかとの高さが6cmもあるのだ!(;・∀・)
これを履いたら、主人より6cm(以上)も背が高くなってしまう!

私は全然気にしてないんだけどなあ…。(´・ω・`)
6cm、背が高くなっちゃ、ダメ?(笑)。

こんなことなら、成長期にもっと「自己調整」しておけばよかった。
私の実家では、和食を食べた後でも、必ず子供にはコップ1杯の牛乳を与えていて、それが背を高くする要因になったんじゃないかなあ…。(;・∀・)
私は、早いうちにそれに気づいて、毎食後牛乳を飲むのをやめたんだけれど、妹は気づかずに飲み続け、結構な大女になってしまっている(笑)。

結婚9年目を迎えても、なかなか相手へ単刀直入に聞くことのできない、微妙な問題です。(;´∀`)

テーマ : ひとりごと - ジャンル : 日記

20:11  |  所感  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2006.06/18(Sun)

あなたの「モテ期」は?

何かで読んだのだが、人間には、一生に1度、ものすごくモテる時期があるそうだ。(;´∀`)
ただ、その「一生に一度」というのが、自分の人生のどの時期なのかは、知るよしもない。
すでに幼稚園で終わってしまった人もいれば、70歳を過ぎていきなりモテ出す人もいたりして…。

「ものすごくモテる」という定義は、人それぞれだろうけれど(笑)。

私の場合、もしかしたら2度あったかも?!
(「かも」って過去形なところが哀しい…)

最初の波は、小学校高学年から中学2年生くらいまで。
小学校の時は複数の男子に優しくされたし、中学の時は初めて「ラブレター」というものをもらった!(それも2人の男子に)
当時の私は、きっと有頂天になっていたのだろう。
男子から優しくされるは当たり前のような気がしていたし、ラブレターをくれた男の子達には、貢がせるだけ貢がせて(別に何か買ってくれって言ったわけじゃないんだけれど、色々な物をプレゼントされた)結局長く付き合うこともなかった。

そのおごり高ぶった私に天罰(?!)が下ったのか、その後「暗黒時代」へ…。

高校・大学・OLになり始めた頃、合コンやコンパに参加はしたものの(そういう「時代」だったんです、ハイ)自分が「モテている!」という感覚は全然なかった。
何というか、「自分が」じゃなくて、"女子大生""若いOL"といった肩書きがモテていたような感じ。
ちょっと冷めていたのかもしれない。(今もだけど 笑)

昔から、あまり結婚にも興味がなく、子供も苦手だったので、20代後半くらいから「生涯独身」を意識し始めた。
友達と「どっか、マンションでも買って、2人で住もうか」なんて話をしたり、すでに独身を決め、自分の家を建ててしまった友達に「お金出すから、私に一部屋提供してくれない?」なんて言ってみたり…。

すると… やって来たんです!
第二のモテ期が。(;・∀・)
道を歩けばナンパされ、旅行先では住所を聞かれ、同僚からはいきなり告白。
(もっと色々あったんだけれど、ちょっとここでは書けないです 汗)
整形したわけでもなんでもないのに(笑) とにかくびっくりするほど男性にモテたのだ。

しかし、過去の教訓から私は知っていた。
これは1つの「時期」であり、この時期を逃すとまた「暗黒時代」がやってくるということを…。
で、中学の時のようにおごり高ぶることなく、「冷静な目」で、今の主人を選んだのである。
(;´∀`)

2度あることは3度ある。
私は、次回の「波」も狙ってます。(;・∀・)
今、その波が来てしまうと、色々問題があるので(笑) 私が独り身になって老人ホームへ入った頃くらいが、理想かな?
入居しているおじいちゃん達から優しくされ、「ワシの遺産を分けてやってもいいぞ」なんて言われるのがいいかも(笑)。

みなさんの「モテ期」は、いつでしたか?
それとも、これから?(;・∀・)

テーマ : ひとりごと - ジャンル : 日記

07:30  |  所感  |  TB(0)  |  CM(12)  |  EDIT  |  Top↑

2006.06/16(Fri)

マイブーム

私は、自他共に認めるバッグ好きである。(;・∀・)
それも、かっこいいブランド物のバッグではなく、タイの少数民族のバッグとか、トルコのキリムバッグとか、ベトナム刺繍のバッグとか、カシミール刺繍のバッグとか、インドの山羊革のバッグとか…。
とにかく、一癖あるバッグが好きなのである(笑)。

そんな私を主人はいつも苦々しい思いで眺めている。
「そんなに同じようなものばかり買って、一体何に使うんだ?」と。

私は答える。
「使うために買ってるんじゃない。これは私のコレクションなのよ!

やっと私の趣味が、非合理的なものであると理解した主人は、最近ではもう何も言いません。(;´∀`)

そんな私の、マイブーム。
いや、マイブームではなく、密かに日本でブームになっているんじゃないかと、私は思っているのですが。

そう、ザ・風呂敷(笑)。

包む形に合わせることが出来、バッグに1枚忍ばせておくだけでOK。
小池環境大臣も、TVで得意げにワインやらスイカやらを包んでいたような記憶が…。
たしか、環境省から「もったいない風呂敷」というのも発売されていたはず。

でも、この「もったいない風呂敷」いまいち私の趣味ではなかったので、オークションにて2枚ほど落札しました。

そのうちの1枚がこれ。

20060616173805.jpg


どうです?
バッグ仕様に包んでみましたが、風呂敷に見えないでしょ?
(見えないと言って!)

こんな素敵な和柄です。(*´∀`)

20060616173909.jpg


もう1枚は、秋・冬用に紫の菊柄の風呂敷を買いました。
2枚買っても、2,500円。安い!
これで、私も少しはエコロジーに協力したことになるかな?
(なんてことを書いている今日、もうすでに別の山羊革バッグを購入してしまった私でした。いいの、コレクションだから…)

テーマ : ひとりごと - ジャンル : 日記

17:49  |  所感  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2006.06/15(Thu)

私、「大人」だから… (笑)

Mosquitoというものをご存じだろうか?
外国で開発された、「若者にだけ聞こえる不愉快なノイズを発生させる装置」なのだそうだ。
加齢とともに高音が聴きとれなくなることを利用して作られたらしい。

たとえば、コンビニなどの店頭にたむろして、商売の邪魔になる若者を退散させたり…などの使い道を想定しているのだとか。(;´∀`)

これを逆手にとって、学生たちは録音したMosquitoの音を「大人には聞こえない着信音」として利用しているんだって!(;・∀・)

若者って何歳まで?
大人って何歳から?
そして、自分は果たしてどちら?

さあ、みんな聞いてみよう!(;´∀`)

このmp3ファイルです。

注) 笑い声やカンカン!という音は背景音ですから(笑)。

キーンキーンという高周波な感じの音が聞こえるらしいですが…

私、大人ですから、聞こえませんでした。(;・∀・)
(結構ショック!昔から聴覚と嗅覚はアニマル並みという自負があったのに…)

聞こえなかった大人のみなさん、大人であることに誇りを持ちましょう!
そして、聞こえた若者達。
あまり自慢しないよーに。 _| ̄|○


※参考URL 「大人には聞こえない音」聞こえます?

テーマ : つぶやき - ジャンル : 日記

15:33  |  所感  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2006.06/13(Tue)

今年も忘れてました… orz

朝、キッチンでパソコンをしていた私の横で、主人が一言。

「今日、何日だっけ?」

「ええと、6月13日だよ。」

パソコンの入力をしながら、主人の顔も見ず、無造作に答える私。

「今年も忘れてるな…」

主人がぼそっと言った。

え?何?(;・∀・)

6月13日…

げっ、我が家の結婚記念日だった!(゚Д゚ )

こういうのって、普通、奥さんの方が良く覚えているもんだよねえ…。
多分、私が覚えていたのって、結婚して1・2年目くらいまで。
その後は、いつも主人からの指摘で思い出します。(´・ω・`; )

そう言えば…
たいていの人は、入籍した日と披露宴をした日って違うと思うんだけど、どっちが「結婚記念日」になるんだろう?
こんな風に書いたら、まるで私が入籍した日をちゃんと覚えているみたいだけれど、それも毎年しっかり忘れています(笑)。
ちなみに今日は、披露宴をした日の方です。

さて、「6月の花嫁」は、本当に幸せになれるのでしょうか?
まだまだ実験中ですので、お楽しみに!(;・∀・)

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

11:48  |  所感  |  TB(0)  |  CM(12)  |  EDIT  |  Top↑

2006.06/12(Mon)

死ぬまでに何冊…

昨日、久しぶりに図書館へ行った。

図書館は、私の大好きな場所の1つである。
1回で10冊本を借りられるのだが、はっきり言って、2週間で10冊読み切ることは、ほとんどない(笑)。

図書館へ行くと、なぜか背筋がピンと伸びる。
精一杯アンテナを張り巡らせて、自分の読みたい本を探そうとする。
この空間にいるのは、私と同様、本を探している人だけ。
子供からおじいちゃん・おばあちゃんにいたるまで、同じ目的を持った「同士」。
話をするわけでもないのに、何となく親近感を感じてしまう。(*´∀`)

そう広くもない図書館。
でも、ここにある本を私は一生かかっても読み切れないだろう。
この空間にある「知識」を私は今後どれくらい手に入れることができるだろうか?

昔、ソクラテスはいいことを言っていたね。

無知の知

私は、自分がこの年齢になっても、どれだけ無知かを知っている。
私が死ぬまでに、この小さな図書館にある本を一体何冊読むことができるだろうか?

謙虚な気持ちになって、また読み切れないであろう本を何冊も借りてしまいました(笑)。

テーマ : ひとりごと - ジャンル : 日記

05:59  |  所感  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑

2006.06/10(Sat)

あなたならどうする?

ちょっと難しいテーマかも…って思ったんだけれど、「私ならどうするだろう」って、考えてしまったので。

ちょっと前に、フジTVの「スーパーニュース」の特集で、性同一性障害の男性を二人取り上げていた。
どちらも家族へカミングアウトし、片方の男性はその後も家族と暮らしていた。
たしか高校の先生だったと思うんだけれど、学校や生徒の理解もあって、そのまま教鞭を執っていた。

もう片方の男性は、奥さんと離婚、一人娘にも何年も会っていない状態。
奥さんからは「オカマ!」と、ののしられていたそうな。

うちの主人が、もし性同一性障害だといきなり告白したら…。
う~ん、どうしよう?(;´Д`)
さすがに「オカマ!」って、罵声を浴びせることはないと思うけれど、心中はとても複雑。
それに、子供へどう説明する?

TVの、家族と一緒に暮らしている男性の場合、カミングアウトしたのがちょうど息子さんの思春期の時で、そのせいで息子さんは「自律神経失調症」になってしまったらしい。
理解してあげなくちゃって思っても、心のどこかで拒否してしまうのが、身体の不調で表れる。
何だか、切ないね。

夫婦でなくても…。
例えば、恋人とか友人でも、大切な人の「性」が、今まで自分が慣れ親しんできたものと全く逆だとしたら…。

理解してあげたい。
でも、生理的に受け付けられない。
そんな心の葛藤に、周りの人は悩み続けるのでしょう。

でも、一番辛いのは、当人に間違いないわけだけれど。

で、私の場合。
しばし考えてみたけれど、「あー、ややこしい!」とか言いながら、そのまま一緒に暮らしてしまいそう(笑)。
子供への説明を考えると、ちょっと憂鬱だけれど、そのうち見慣れちゃうかも知れないし。

なかなか難しい問題ですね。(;´∀`)

テーマ : ひとりごと。 - ジャンル : 日記

19:59  |  所感  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2006.06/09(Fri)

お気に入りのカップ

家でコーヒーを飲むとき、いつもこのカップを使っている。

cup.jpg


これ、なんと20年近くも使っている。(;´∀`)

好きな人からもらったとか、全然そういう物ではなく(笑) 当時いた会社で、誕生日の時に好きなカップをもらえるというのがあって、たまたまこれを選んだだけ。

カップの口当たりの感覚と、これでブラックコーヒーを飲むと、何だか夜を飲み込んでいるような気がして、ずっと使い続けている。

家には、結婚祝いにもらったミントンのマグカップやジバンシーのこじゃれたカップなんかもあるんだけれど、やっぱりこれがいいんだなあ…。(*´∀`)

何だかこれって、長年何となく付き合っている相手と似ていない?
もうお互いが空気みたいになっている夫婦とか、結構長く付き合っている恋人とか、腐れ縁の友人とか…。

世の中には、明らかに自分のダンナよりかっこいい男性がTVに映っているし、グラビア雑誌には日替わりで自分の彼女よりナイスバディな女性が掲載されている。
いつも自分に迷惑ばかりかけている友人より、自分の役に立ってくれそうな友人って、探せばいるかもしれない。

でも、気が付くと、同じ人が何年も側にいる。
こういうのって、私は好きだけどね。(*´∀`*)

テーマ : ひとりごと - ジャンル : 日記

11:30  |  所感  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2006.06/08(Thu)

好意のキャッチボール

同じFC2ユーザーの方が自分のブログへ訪問してくれると、履歴が残ることがある。
偶然やってくる人達も多いけれど、何度も来てくれる方は、何となく顔なじみって感じがする。

また、履歴が残っていなくても、アクセス解析などで、あきらかに偶然ではなく、自分のブログへ訪問してくれている人がいる。

こういう人達って、たとえコメントがなくても、何度も訪れてくれるだけで、何だかすごくうれしくないですか?(*´∀`)

これを心理学で、単なる接触の効果というらしい。

単に何度か顔を合わせただけで(実際に顔を合わせているわけではないけれど 笑)相手に親しみを感じ、好意を持つらしいのだ。

私のブログへよく遊びに来てくれる人達。
誰一人として、実際に会ったり話をしたりしたことはないし(笑) 年齢もバラバラだけれど、何だか「友達!」って感じがしてしまう。
本当に不思議…。

そして、みんなが書いてくれるコメントを読んで勇気づけられたり、あるいは、みんなが書いているブログを読んで「私も頑張ろう!」って思ったりする。
ブログに書くネタが尽きて、「もうやめようかなあ…」って思った時でも、みんなが頑張ってブログを更新していると、「私もやるかぁ…」って気になります(笑)。

多分、みんな気が付かないで「好意のキャッチボール」をしているはず。
それが、私達の活力の源になっているとしたら、こんなにうれしいことはないよね!o(´∀`)o

テーマ : ひとりごと - ジャンル : 日記

12:24  |  所感  |  TB(0)  |  CM(10)  |  EDIT  |  Top↑

2006.06/07(Wed)

うちの子、公開(笑)

じゃじゃーん うちの子 公開します!

popo.jpg


え?違うだろって?(;・∀・)

そう、これはぽぽちゃんという、小さい子には結構人気があるけれど、親は不気味がる人形です(笑)。

うちの娘、夜寝る前に必ずこのぽぽちゃんを写真のように寝かせてから、2階の自分の布団へ行きます。

「ぽぽちゃんと一緒に寝ないの?」
って私が聞くと
「ぽぽちゃんは、一人で寝るからいいの。」
との答え。

あのねえ…
ぽぽちゃんを一人で寝かせる前に

早く一人で眠れるようになってよ!ちぃちゃん。(;´Д`)

この子が生まれてから、添い寝しなかった日ってほとんどなかったんじゃないかなあ…。
赤ん坊の頃は泣き声で眠れず、大きくなってからは、足でお腹や頭(?!)をぼこぼこされて眠れず、いつも熟睡したことなどない私(泣)。

添い寝って、普通、子供が何歳までするものなんですかねえ…。(;´Д`)

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

15:25  |  子供  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2006.06/06(Tue)

Re:の功罪

携帯でもパソコンでも、誰かにメールを書くとき、タイトルって考えますか?

私は、一応考えて書いています。
たとえ、タイトルが「おはようございます」とか「yokoyokoです」とか、ありきたりであっても、それは考えた結果、書いたものです(笑)。

で、相手からの返事で、タイトルが「Re:おはようございます」「Re:yokoyokoです」だったとき…。
まぁ、1回目のやりとりだったら、それほど気にしないんだけれど。
タイトル考える時間がなかったのかもしれないし、少しでも早く返事を書いてあげようという親切心からかもしれないし。
あと、ビジネス用のメールだったら、かえって「Re:~」の方が、何に対しての返事なのか分かりやすいしね。(;´∀`)

2回目のメールのやりとり。
たとえば私のメールのタイトル。
何も思いつかなくて、考えた末の「今日は蒸し暑いですね」
そして、返事のタイトルは、またしても「Re:今日は蒸し暑いですね」
こんなことが、3回目以降も続いていく…。

もしかして、あなた、楽してる?(;・∀・)

どうも、こういうのは、あまり好きではないのよねえ…。
何だか、自分のことをぞんざいに扱われているような気がして。
こんな風に思うのは、私だけ?

一度、「Re:~」のタイトルに私もReで返して、Reがどこまで続くか試してみたい衝動に駆られるんだけれど(笑) 勇気が無くてできません。(;´∀`)

テーマ : ひとりごと - ジャンル : 日記

10:53  |  所感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2006.06/05(Mon)

信じていたのに…

秋田小1男児殺害事件で、彩香ちゃんのお母さんが逮捕された。
近所では「あの人が怪しい」と、結構噂になっていたようだ。
うちの主人なんか、最初の頃から「あの女の子の母親が犯人かも…」って言っていた。
(;´Д`)

私は、信じてたんだけどなあ…。
娘が死んで、自分の子供がいなくなるというのがどんなに辛いか知っている人が、他人の子供を殺せるはずがないって。

TVで解説者が、殺人の動機を推測していた。
1つは、自分の娘の死因をもう一度警察に調査して欲しくて、豪憲君を殺した。

もう1つは、豪憲君のお父さんが渡したビデオ。
そのビデオには、豪憲君と彩香ちゃんが仲良く遊ぶ姿が映されていた。
容疑者は、そのビデオを繰り返し何度も見ていたらしい。

自分の娘は死んでしまったのに、一緒に遊んでいた豪憲君は生きていて、家族で幸せに暮らしている。
妬み・嫉妬…
そんな感情から豪憲君を殺してしまったのではないかと…。

どんな動機があったとしても、許されることではないよね。(ノД`)

私は、基本的に性善説を信じている人間なので、週刊誌やTVなどで「誰々が怪しい」と報道されても、「またまた、そんなこと言っちゃって」と、あまり意に介さない方である。

だから、今回の事件みたいなことがあると、裏切られたって思いで、いっぱいになってしまう。

警察は、彩香ちゃんの死についても、この容疑者が何か関係していないか、調べようとしているのだとか。

どうか、どうか、このお母さんが、これ以上罪を犯していませんように…。(ノД`)

テーマ : ひとりごと - ジャンル : 日記

19:55  |  所感  |  TB(1)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2006.06/04(Sun)

逃げる?それとも残る?

TVをつけっぱなしにしていたら、そのうちポセイドンという映画の宣伝番組が始まった。

「タイタニック」と似ていて、豪華客船が自然災害によってひっくり返るのだが、タイタニックと違うのは、その後の乗客達の脱出劇に焦点を当てているところ。

たしか、船がひっくり返った後、艦長(だったかな?)が、「被害を受けたという連絡はできて、あと数時間で救助がくるはずだから、それまでここで待っててください」みたいなことを乗客達に言う。

が、主人公達は、そこに留まることをせず、逃げる方を選択するのだ。

結果的には、留まった人達の元に大量の水が押し寄せ、そこにいた人達はみんな死んでしまったみたいなのだけれど。(;´Д`)

こういう究極の状態になったら、そこに留まることを選ぶ?
それとも自ら逃げ道を探す?

私は、早めに諦めます派かも。(;´∀`)
生きるために最後まで活路を見いだそうと頑張るより、どうやったら安らかに死ねるだろうかって、考えてしまう方だなあ…。

一方、うちの主人なんかは、絶対最後まで生きる努力をしそう。
こんな命を賭けた場面ではないけれど、道路が渋滞しているとき、必ず抜け道を探そうとするし(笑)。
まぁ、それで却ってハマってしまうことも多いんだけれど。(;・∀・)

でも、大事なことは、自分の意志で後悔の無いように生き方(死に方?)を選ぶことなのかもしれないね。(^_-)-☆

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

16:59  |  所感  |  TB(0)  |  CM(10)  |  EDIT  |  Top↑

2006.06/03(Sat)

「セクハラ」じゃないの?(゚Д゚)

昨年12月、沖縄県警部長が同僚らと酒を飲んだ後、代行運転中の車内で隣に座った女性警察職員の胸や手を触ったらしい。
で、女性の体を触るセクハラ行為をしたとして、この部長を戒告処分にしたのだとか。

注目すべき点は、この後だろう。
部長は、わざわざ県庁で記者会見をし、触ったことは認めたが「(合意の)雰囲気の中で、自然の流れだった。断じてセクハラではない」と反論。
「女性からは一切拒否されず、翌日には食事のお礼のメールをもらった」と、合意の上だったことを強調したのだ。
しかも、来週にも人事院に処分不服の申し立てをする予定だとか。

う~ん。(-_-)
痴漢の冤罪はらしとは、全然違う次元だと思うんだけれど…。

この部長、「合意の上だった理由」を
1.一切女性から拒否されなかった。
2.翌日、食事のお礼のメールをもらった。
としている。

上司にいやらしいことされて、何も言えなくて困るのがセクハラだろうが!(#゚Д゚)ゴルァ!!

もうこの部長と直接話したくないから、食事のお礼をメールで送ったんじゃないの?(;´Д`)

だいいち、合意の上だったら、タクシー内での出来事がこうやって公にされることはなかったと思うしね。(;・∀・)

セクハラ…。
この言葉がまだ今ほど一般的でなかった頃、私も散々いやな目に遭ったなあ…。

宴会の席とかで、テーブルの下で手をつながれるの(泣)。
相手はお得意さんだから、むやみにバシッと手を振り払うわけにもいかなかったしね。
顔は笑いながらも、心の中ではしっかりと「いつか殺すヤツのリスト」にそいつの名前を刻んでいたなあ…。(;´∀`)
でも、相手は「合意の上」だと思っていたのかも知れない。(ノД`)

民間の会社では、「セクハラをしないように!」って教育が、ずいぶん徹底しているのに…。

警察なんだから、もうちょっと社会のお手本になってよね!(;´Д`)

テーマ : なんてこったい - ジャンル : 日記

12:34  |  所感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2006.06/02(Fri)

「2007年問題」はどこへ?

今日・明日と、主人は出張である。
今年に入ってから、急に主人の出張が増えた。

原因は、2007年問題にある。
各方面に広く顔を知られている方が、来年退職される。
その方の引き継ぎというか、顔見せのため、各地へ出張しているらしい。
主人一人ではとても足りず、他にも何人かの社員さんが、たびたび出張しているのだとか。

その方以外にも、来年退職される方で、あまり人がやりたがらないような仕事をコツコツと続け、それに関してはその人しか分からないような状態になっているらしい。
引き継ぎも特に行われていないようで、「あの人辞めちゃったら、どうすんだよぉ…」と主人は嘆いていた。(ノД`)

2007年問題…。
一頃、ずいぶん騒がれたのにね。
毎日毎日「ニュース」は洪水のようにあふれているから、なりを潜めてしまった感じ。

そう言えば、昔、2000年問題っていうのがあった。
2000年になると、たくさんのコンピュータが誤作動し、大パニックになるなんて、みんな騒いだものだ。(;´∀`)
(結局、思ったほどひどくはならなかったけれど…)

2007年問題は、どうだろう?
2000年問題みたいに、2000年になると同時に問題が起こるというのとは、全然タイプが違うような気がする。

それは、陶器の薄いお茶碗に入った、小さな小さなひび割れなのかもしれない。
最初は、誰も気が付かないような小さなひび。
それを知らずに、あるいは知っていても見て見ぬふりをして使い続け、ある日いきなりパリンと割れるような…。

お茶碗ならまだいいけれど、ある日突然大惨事が起こったら怖いね。(ノД`)

今ならまだ間に合うかもしれないから、
何とかしようよ!みんな。(;´Д`)
(特に銀行系は、マジでヤバいと思います!)

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

05:59  |  所感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2006.06/01(Thu)

「赤い子」見た?

月に何回か通っているアートクレイシルバー教室でのお話。

生徒は、私を含めて5人くらい。
だから、銀アクセサリーを制作しながらも、和気藹々と世間話をしながら作業を進めている。(´∀`)

何かのきっかけで、話題が「今の若い親って、ダメだよねえ…」って話になった。

そうそう、話の発端は、小学校の運動会で茶髪にしている子供が多くいたってことからだった。
茶髪の子供の親は大抵若く、自分たちも髪を染めていたそうな。

親が髪を染めているのは、別にノープロブレム。
だって「大人」なんだから。(;´∀`)

でも、子供の髪も染めちゃうのは、どうなんだろう…。
小学校では、あまり子供の髪の毛について、とやかく指導しないらしい。(私立は知らないけれど)
そんな子供達が中学生になったら、いきなり「校則だから、髪を染めるな!」って、言われちゃうわけでしょ?
親に染めてもらって茶髪で育った子供が、「何でこの髪じゃいけないわけ?」って思っても、仕方ないんじゃないかなあ…。(;´Д`)

で、この話題から、最近また起きた「パチスロに夢中になって、生後2ヶ月の子供を車の中に置き去りにして死亡させた親」の話へ…。

「よく2ヶ月の子供を、置き去りにできるよね?」
「私なんて、子供が生まれて2、3ヶ月の頃は、子供を外出させるなんて考えられなかったわよ。」
「そうそう、外出するときはしっかり抱きかかえて、子供からちょっとでも離れるなんて絶対できなかった!」

子供を持っている親達で、こんな会話をしていると、横で聞いていた若い女の子がいきなり言った。

「最近、遊園地とかで、よく赤い子見ませんか?」

え?赤い子?(;・∀・)

生まれてまだそんなに経っていない赤ん坊のことを言っているようだ。
たしかに、それくらいの赤ん坊って、肌の色が赤黒い感じだものね(笑)。

「TDLとかで、よく見ますよ。もー、信じられない!って感じ。」
「あー、見る見る。上に兄弟がいるなら仕方ないかもしれないけど、明らかにその子だけで、しかも親だけ楽しんでるみたいな…。」

まぁねえ…。
子供が生まれたって、夫婦で楽しみたいって思う気持ちが悪いと言ってるわけではないけれど…。

でも、子供が生まれて2、3ヶ月くらいは我慢しようよ!
当事者にとっては永遠に続くような地獄の日々だとしても、振り返るとそれは本当にあっという間。
あれだけ濃密に子供とずっと一緒にいる時間って、もう二度とないんだから。

今年も暑い夏がやってくるけれど、もう二度と「赤い子」が車の中で死ぬことがありませんように…。(ノД`)

テーマ : つぶやき - ジャンル : 日記

14:37  |  所感  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。