スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2006.04/06(Thu)

「丙午」だっていいじゃないか!

昨日の新聞に「年齢別人口表」が出ていた。
こういうのがあると、主人はいつもニヤニヤしながら私の方を見て言う。
「丙午って、分かりやすいよね(笑)。」
そう、私は丙午年生まれの女なのだ。(;・∀・)

きっと、今の若者なんて「"丙午"って、何て読むんだろう?」くらいの感覚なのかもしれないが、江戸時代から脈々とこの迷信は信じられてきていた。

「丙午の女は、男を食い殺す」と…。

ひどい言われようだ。(ノД`)
丙午年生まれの女性は、気性が激しく、夫を尻に敷き、夫の命を縮めるだなんて。

根強く信じられてきたこの迷信のために、江戸時代の丙午には、女の嬰児が間引きされたという話が残っているらしい。(;´Д`)
明治の丙午では、この年生まれの女性の多くが、丙午生まれという理由で結婚できなかったと言われている。

で、それから60年後の(丙午は60年に1度なのである)昭和41年に私は生まれたわけだが、出生数は他の年に比べて極端に少ない。
それは言い換えれば、昭和40年と昭和42年の出生率が極端に多いということでもある(笑)。

「受験の時、楽だったろう」という人もいたが、それは大間違い!
人口に合わせて合格者数を減らした学校もあったし、「今年が狙い目!」とばかり、浪人生達が私達と同じ年に受験した(笑)。

私の同級生で、丙午であるという理由だけで、お見合いを断られた女性もいる。
(まぁ、そんな家へ嫁がないで、正解だったと思うけど)

●60年に一度しか生まれない
●迷信なんて気にしない両親の血をひく子供である
こんなに貴重で、しっかりした丙午の女性を奥さんにできたなんて、うちの主人は
すごく幸せ者
だと思うんだけどね!(・∀・)
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと - ジャンル : 日記

06:38  |  所感  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。