スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2006.03/28(Tue)

メモ代わりに… 「子供の言葉」

今日は風の強い一日だった。
日中、子供と歩いて買い物に行っている間も、吹き飛ばされそうなほどの強い風が…。

その時、子供が言った。

「おかあさん、かぜがあふれているね

子供って、どうしてこんな言葉が簡単に浮かんでくるんだろう?
強い風にまるで溺れてしまいそうな、二人だった。
スポンサーサイト

テーマ : ほのぼのと - ジャンル : 日記

19:48  |  子供  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2006.03/28(Tue)

懐かしの「寮生活」

昨日、出身大学からの広報誌が届いていた。
これって、他の大学でも延々と卒業生に送り続けるものなんだろうか?
たぶん、1年に1回くらい、その大学関連の近況報告などがその広報誌に書かれているようだ。

ページをめくって読んでみても、もうほとんど興味もない。(;´∀`)
が、1つだけ「寮監募集」の記事があって、昔、大学の寮に1年間だけ入っていたことを思い出した。

その女子寮は、たしか4人部屋だったと思う。
小さな備え付けの机の横にある本棚で仕切られた空間だけが自分のスペース。
でも、当時はあまり気にならなかったなあ。

色々な県から人が集まっていたので、帰省先から戻ったときには、いつもその土地名物のお菓子をいただくことができた(笑)。
まるで母親のようにしっかりしている人もいれば、洗濯機の使い方も分からない(!?)子もいたりして、ちょっとびっくりしたのを覚えている。

その寮は、朝、寮監先生(寮の監視人)に挨拶するとき、部屋の入り口で正座し、ちゃんと指で三角を作って挨拶をした。(;・∀・)
寝る前も然り。
しかも、寝る前には、ちゃんと掃除のおばちゃんがいるにもかかわらず、毎晩絶対掃除をさせられた。(;´Д`)

門限にはものすごく厳しく、一応夜の10時が門限なのだが、
「心の門限」というのがあって、それは9時30分なのだ。
これに遅れると、たしか一週間夜間外出禁止になったような気がする。(゚Д゚;)

そうそう、寮の中では「学習時間」が設けられており、その時間は読書か勉強をするしかなかったような…。
パソコンを持ち込む事なんて考えられなかった時代だったから、勉強するしかなかった。(隣が勉強しているとやはり気になるので)
よって、寮にいる間、びっくりするくらい成績が良かった(笑)。

こんな厳しい寮なので、最終学年までこの寮にいた女性は、卒業した後、お見合いの話が引く手あまただということだった。

そう… 私は1年しかいなかったですけどね。(;・∀・)

あんな厳しい寮生活も今ではとても懐かしい。
何でも「体験」してみるものである(笑)。

テーマ : 今思うこと - ジャンル : 日記

07:03  |  所感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。