スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2006.03/22(Wed)

ひよこ→つくし→?

今日は、子供の幼稚園の修了式である。
明日から、子供との蜜月(地獄?)な日々が始まる(笑)。

子供の入園前のちょうど今頃、私はある問題にとても悩んでいた。
もうすぐ幼稚園だというのに、子供のおむつがまだ取れていなかったのだ。(;´Д`)
今まで私は子供のおむつを取ることについて、とてものんびり構えていた。
「おむつなんて、いつかは自然に取れるものなんだろう」と…。
ところが、まわりのお友達はみんなおむつからパンツに替わり、トイレにも一人で行けるようになっていったのに、うちの子は全然その兆し無し。
私もやっと重い腰を上げ(笑) 「トイレトレーニング」を子供にさせるようになった。

しかし、それからが苦難の連続。
パンツの上から紙おむつをはかせ、パンツが濡れた時の不快感を教えてみたり、時間ごとにトイレの上に座らせてみたり…。
「トイレトレーニングの時は、子供が失敗しても決して怒ってはいけません」なんて、よく雑誌に載っていたけれど、怒らなければ私自身がどうにかなってしまいそうな毎日。
怒る自分がいやになることが、何度も何度もあった。(ノД`)

そして、幼稚園の入園式5日前。
私はもう覚悟を決めていた。
「もう怒るのはやめよう。紙おむつが取れなくたって、死にはしないし…」
そして、雑巾を大量に用意し、ファブリーズも何本か買った。
リビングのカーペットもとっぱらった。
部屋の暖房を暖かめにし、家の中にいる時は、子供をパンツだけにさせ、おもらししても、黙って始末するだけにしたのだ。
「今度は、がんばろうね!」とだけ言って…。

こんな状態が続いて、3日目くらいだったろうか…。
「おかあさん、トイレ」と、子供が言ったのだ!
私の感動といったら、まるで初めて「water」を理解したヘレン・ケラーに感動するサリバン先生のような状態だった(笑)。
それから、あっという間にトイレができるようになり、入園式の日には、パンツをはいて幼稚園へ行った娘。

「ちぃちゃん、紙おむつしてた時のこと、覚えてる?」って、昨日娘に聞いたけれど「全然覚えてないよ」だって。(;´∀`)
そんなあなたが、4月で年長さん。
年少のひよこ組から年中のつくし組。
さて、年長になったら、あこがれのふじ組になれるかな?(笑)。
スポンサーサイト

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

14:56  |  子供  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。