スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2006.03/14(Tue)

哀しみのホワイト・デー

今日は「ホワイト・デー」である。
なぜホワイト・デーという名前がついたのか?

「若い人たちの爽やかな愛には白がぴったり」だからだって。(;・∀・)

若くない人達は、ホワイト・デーって言っちゃいけないの?

で、「若い人たち」って、何歳まで?(笑)。

実は、私には苦~い「ホワイト・デーの思い出」がある。
1ヶ月前のバレンタイン・デーの時、私は勇気をふりしぼって、同僚の男性にチョコをあげていたのだ。

同僚とはいえ、働いている場所が違っており、なかなかその男性に会う機会がなかった。
それで、社内メール便を使って「これはどう見ても本命にあげるでしょう!」チョコを彼に贈ったのだ。
一応メッセージカードも入れたのだが、いきなり「好きです!」とか書いて、翌日からの仕事に支障を来すといけないので、そういう気持ちをオブラートに包んだような言葉を書いたような記憶がある(笑)。

翌日、仕事で彼から電話がかかってきて、「チョコ、ありがとう」と言われたけれど、そのあとすぐ仕事の話になってしまった。
特にお互いの自宅電話番号を知っていたわけでもなく、唯一会話できるのは会社の中の、それも「電話」でだけ…。
あの頃、今くらい携帯電話が普及していたら、もっと違う展開になっていたかもしれない。
(´;ω;`)

で、1ヶ月後のホワイト・デー。
その彼から私宛へメール便が届いていた。
ワクワクしながら中を開けると、そこにはちゃちなぬいぐるみとキャンディーがいくつか…。

「ね、値段じゃないわ!気持ちさえこもっていれば…」

そんな風に自分をなだめながら、ふと隣の席の女の子を見ると、
なんと、私と同じぬいぐるみ+キャンディーセットがっ!

注)その女の子は彼へ「義理チョコ」を贈っていました。

どうも、私のチョコも義理チョコに思われたらしい。(ノД`)
なんて、鈍感な男なんだろう。

その後なかなか彼へ告白する機会がなく、そのうち彼は東京へ転勤してしまいましたとさ(泣)。

男性諸君、義理と本命のチョコや贈り物の「差」をよ~く研究しておくように!(笑)。
スポンサーサイト

テーマ : つぶやき - ジャンル : 日記

11:32  |  所感  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。