スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2006.02/24(Fri)

これが人生、これも人生

日本時間の今朝、トリノオリンピックでも最も注目を集めていた「女子フィギュアスケート」が幕を閉じた。

日本選手に限らず、どの国の選手も本当に良く頑張ったと思う。
だって、「オリンピックに出る」ということだけでも、ものすごい事なのだから…。

「これが人生」
ロシアのスルツカヤ選手がよく口にする言葉らしい。

母親の看病のために取りやめた世界選手権。
自身の「自己免疫疾患」という難病との戦い。
母親や自分の医療費。
夫との生活。

すべての困難を受け止め、なおかつ自分の夢に向かってあきらめることなく突き進んでいった者だけが言える言葉なのだろう。

スルツカヤ選手だけでなく、日本の三選手にも、他の国の選手達にも、誰も知らない「ドラマ」があったはずだ。
すべての思いを、この「オリンピック」という舞台の数分間の中に凝縮して滑った演技。
朝からなにか、すばらしいものをもらったような気がする。(*´∀`*)

最後に…
女子フィギュアの司会をされていた、NHKの刈谷アナウンサー、好きです!(照)
春のG1シーズンになったら、また競馬の実況中継もやってくださいね。
待ってま~す(笑)。
スポンサーサイト

テーマ : トリノオリンピック - ジャンル : 日記

15:28  |  所感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。